日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 話題の論文 拾い読み!  > ゆるやかな糖質制限「ロカボ」でメタボが改善  > 2ページ目
印刷

話題の論文 拾い読み!

ゆるやかな糖質制限「ロカボ」でメタボが改善

カロリー制限なしで糖質だけをゆるやかに減らし、3カ月継続

 大西淳子=医学ジャーナリスト

体重は約3kg減少し、睡眠の質も向上、元の異常値は軒並み改善

 3カ月のプログラムを終了した、計101人を分析対象にしました。参加者からの有害事象の報告はありませんでした。

 全体の分析では、HbA1cやコレステロール値は、統計学的に有意な変化は示していませんでした。しかし、体重は82.5kgから79.7kgに減少し、BMI(体格指数;25以上が肥満)も27.3から26.9に減少しており、睡眠時無呼吸症候群の診断や重症度判定の指標である「無呼吸低呼吸指数」(AHI;1時間あたりの無呼吸と低呼吸を合わせた回数)も、24.1から17.1に改善していました。

 次に、それぞれの項目について、プログラム開始時点で異常値が認められた参加者だけに絞って分析したところ、低糖質食の利益は明確になりました(表1)。HbA1cがもともと高値だったグループでは、プログラム参加前の6.7%から5.8%に低下し、総コレステロールが高値だったグループでは220mg/dLから209mg/dLに低下、LDLコレステロールが高値だったグループでは133mg/dLから120mg/dLに低下、HDLコレステロール(善玉コレステロール)が低値だったグループでは35mg/dLから40mg/dLに上昇、中性脂肪が高値だったグループでは242mg/dLから190mg/dLに低下していました。

 睡眠の質については、AHIが高値だったグループに改善が見られた上に、深い睡眠の割合が低かった人たちにおいて、深い睡眠が10.4%から18.2%に上昇していました。

表1 低糖質食による異常値の改善
表1 低糖質食による異常値の改善
(データ出典:Diabetes Metab Syndr Obes. 2021; 14: 2863–2870.)
[画像のクリックで拡大表示]

 この研究により、ゆるやかな低糖質食は、メタボ、肥満、糖尿病の状態を示す測定値を改善させる有効な介入法であることが示唆されました。今回は、参加を希望した人全員に低糖質食に関する指導を行いましたが、「今後は、よりバイアスの少ない設計の無作為化比較試験を行って、低糖質食の利益を示す必要がある」と著者らは述べています。

 論文は、2021年6月23日付のDiabetes, Metabolic Syndrome and Obesity : Targets and Therapy誌電子版に掲載されています(*1)。

大西淳子(おおにしじゅんこ)
医学ジャーナリスト
大西淳子(おおにしじゅんこ) 筑波大学(第二学群・生物学類・医生物学専攻)卒、同大学大学院博士課程(生物科学研究科・生物物理化学専攻)修了。理学博士。公益財団法人エイズ予防財団のリサーチ・レジデントを経てフリーライター、現在に至る。研究者や医療従事者向けの専門的な記事から、科学や健康に関する一般向けの読み物まで、幅広く執筆。

先頭へ

前へ

2/2 page

糖尿病
コレステロール
メタボ
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.