日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 話題の論文 拾い読み!  > 座りすぎの死亡リスク上昇、14の疾患で確認  > 2ページ目

話題の論文 拾い読み!

座りすぎの死亡リスク上昇、14の疾患で確認

運動習慣の有無にかかわらず死亡リスクは上昇

 大西淳子=医学ジャーナリスト

6時間以上座っている人は循環器疾患、腎臓病などでの死亡が多い

 21年間(中央値は20.3年)の追跡で、登録から1年以降の総死亡(あらゆる死因による死亡)と、がん、循環器疾患、糖尿病、腎臓病など22の死因による死亡の有無を調べました。総死亡は4万8784人で、死因別で最も多かったのは循環器疾患(1万6083人)、2番目はがん(1万4550人)でした。以下、認知症/精神疾患(2406人)、アルツハイマー病(2248人)、COPD(1642人)、事故(1339人)、パーキンソン病(1153人)、消化性潰瘍などの消化器疾患(1148人)、肺炎/インフルエンザ(1034人)と続いていました。


続きは「日経Gooday会員(無料)」、
「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。

日経IDがあれば簡単30秒

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.