日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 話題の論文 拾い読み!  > 週2時間のボランティア活動 死亡リスクが4割減
印刷

話題の論文 拾い読み!

週2時間のボランティア活動 死亡リスクが4割減

米国の中高年1万3000人を対象とした研究

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 年間100時間以上、1週間当たりにすると2時間程度のボランティア活動に従事する人は、ボランティア活動と縁のない人たちと比べて死亡リスクが4割程度低いことを示す研究結果が報告されました。ボランティア活動の利益は、身体障害を負うリスクの低下や、心の健康状態の向上にも及ぶことも示唆されました。

週に2時間程度のボランティア活動をする人は、死亡リスクが低く、心の健康状態も良いことが分かりました。(C)Wavebreak Media Ltd-123RF

ボランティア活動は本当に心身の健康に好ましい影響を及ぼす?

 これまでにも、ボランティア活動が、健康状態や幸福感などに好ましい影響を及ぼすことを示した報告はありましたが、そうした利益を否定する研究結果もありました。今回、米ハーバード公衆衛生大学院などの研究者たちは、大規模疫学研究「Health and Retirement Study」に参加した50歳超の1万2998人の情報を分析し、ボランティア活動に携わる時間と、身体および心の健康状態や、健康にかかわる生活習慣などの関係を明らかにしようと考えました。

 参加者たちに過去12カ月間にボランティア活動に費やした時間を質問し、回答に基づいて「0時間」、「1~49時間」、「50~99時間」、「100時間以上」に分類しました。

 続いて、ボランティア活動時間と関係する可能性のある、34の健康関連項目(下記参照)について評価しました。

34の健康関連項目の内訳

  • 体の健康に関する要因(14項目):あらゆる原因による死亡、慢性疾患の保有数、糖尿病、高血圧、脳卒中、がん、心臓病、肺疾患、関節炎、過体重/肥満、身体障害、認知障害、慢性疼痛、自己申告された健康状態
  • 健康に影響する生活習慣(4項目):大量飲酒、喫煙、運動習慣、睡眠障害
  • 精神的な健康状態に関する要因(12項目):ポジティブ感情、人生満足度、楽観性、生き甲斐、マステリー*、健康マステリー**、経済的マステリー***、抑うつ、抑うつ症状、絶望、ネガティブ感情、制約知覚‡
  • 社会的な要因(4項目):孤独、子どもとのコミュニケーション、他の家族とのコミュニケーション、友人とのコミュニケーション(いずれのコミュニケーションも、電話や電子メールを含む)

* 困難もしくはストレスに満ちた状況に対して適応能、統制能、支配能を獲得していく人間の反応
** 自身の健康状態のコントロール状態
*** 自信の経済的な状況のコントロール状態
‡ 自身の人生に起こる出来事を自分でコントロールできていないという感覚

 分析においては、年齢、性別、人種、パートナーの有無、世帯年収、資産、学歴、雇用状況、健康保険加入の有無、居住地域、宗教団体の集会への参加、個性(寛大、良心的、外交的、神経質など)、小児期の虐待の有無などを考慮しました。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策NEW

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.