日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 話題の論文 拾い読み!  > 要介護招く「フレイル」のリスクは肥満度が低くても高くても上昇
印刷

話題の論文 拾い読み!

要介護招く「フレイル」のリスクは肥満度が低くても高くても上昇

日本人のデータでU字カーブ描く

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 要介護に直結しやすい「フレイル(心身の虚弱状態)」のリスクは、肥満度を示すBMIが低い人でも高い人でも上昇することが、約7200人の日本人高齢者を対象とした研究で明らかになりました。

フレイル対策は、介護予防の観点から大きく注目されています。(C)Jovan Mandic-123RF
フレイル対策は、介護予防の観点から大きく注目されています。(C)Jovan Mandic-123RF

日本人の高齢者のフレイルと肥満度の関係は不明だった

 近年、フレイル(Frailty)という言葉を耳にする機会が増えてきました。フレイルは、「加齢に伴う様々な機能変化や予備能力の低下によって、健康障害に対する脆弱性が増加した状態」のことで、具体的には、体重減少、筋力の低下、疲労感、歩行速度の低下、活動量の低下、認知機能の低下、気分の落ち込み、社会的孤立などによって、転倒やうつ、認知症などのリスクが高まった状態を示します。

 フレイルの有病率は、年齢とともに上昇します。高齢者のフレイルは、死亡や障害(要介護状態)のリスクの上昇に関係するため、フレイルを予防するための公衆衛生プログラムが必要だと考えられています。

 英国で行われた研究では、BMIが低い人とBMIが高い人の両方にフレイルが多いことが示されていました。しかし、英国人と日本人では、BMIの平均値や分布が異なるため、そうした結果を日本人に直接当てはめるわけにはいきません。そこで、国立健康・栄養研究所などの研究者たちは、京都で行われている前向きコホート研究「亀岡スタディ」に参加している65歳以上の高齢者を対象に、BMIとフレイルの有病率の関係を調べることにしました。

BMI=体重(kg)÷〔身長(m)×身長(m)〕

低体重:18.5未満
普通体重:18.5以上25未満
肥満:25以上35未満
高度肥満:35以上

※上記は日本肥満学会の基準(詳しい肥満度分類はこちら)。WHO(世界保健機関)は25以上を過体重、30以上を肥満と定義している。

 亀岡スタディの参加者1万8231人のうち、今回の分析に必要な情報が全てそろっていたのは7191人でした。平均年齢は73.4歳で、女性が52.7%、BMIの平均は22.7でした。BMIは、男性、高血圧、心疾患、糖尿病、脂質異常症の患者、年齢が若い人、非喫煙者などで高い傾向が見られました。これらの人たちを、BMIに基づき以下の6群に層別化しました:18.5未満(562人)、18.5~19.9(787人)、20.0~22.4(2195人)、22.5~24.9(2218人)、25.0~27.4(1006人)、27.5以上(423人)。

 今回対象とした高齢者には、BMIが30以上の人がほとんどいなかったことから、27.5以上は一群として分析しました。

 フレイルの評価には、Friedらの評価基準(FPモデル、*1)と厚生労働省の基本チェックリスト(KCL、*2)の2つの指標を用いました。

*1 Friedらのモデル:(1)体重減少(2)主観的疲労感(3)日常生活活動量の減少(4)身体能力(歩行速度)の減弱(5)筋力(握力)の低下――の5項目のうち、3項目以上該当した場合をフレイルと定義。
*2 厚生労働省の基本チェックリスト:25項目からなる。今回は7項目以上該当すればフレイルとした。「介護予防のための生活機能評価に関するマニュアル(改訂版)」p 5表1参照。

1/2 page

最後へ

次へ

フレイル
キーワード一覧へ
日経グッデイ初割春割キャンペーン2022

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.