日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 話題の論文 拾い読み!  > 下肢の筋力アップに、ほうれん草や小松菜の「硝酸塩」  > 2ページ目
印刷

話題の論文 拾い読み!

下肢の筋力アップに、ほうれん草や小松菜の「硝酸塩」

硝酸塩を多くとる人たちは年齢や運動量に関わらず筋機能が良好

 大西淳子=医学ジャーナリスト

1日90mg程度でいずれのテストも最良の結果

 必要な情報がそろっていた男女3759人(平均年齢48.6歳、女性が56%)について分析したところ、硝酸塩の1日の総摂取量の中央値は65mgでした。対象者を硝酸塩の摂取量が少ない方から3分の1(最低三分位群;摂取量56.7mg未満、中央値46.5mg)、摂取量が多い方から3分の1(最高三分位群;摂取量75.6mg以上、中央値91.2mg)と、その中間(第2三分位群;中央値65.3mg)に三等分しました。最高三分位群は、硝酸塩の85%を野菜から取っており、第2三分位群は81%、最低三分位群は76%を野菜から摂取していました。

 膝関節伸展筋力の測定値は、最低三分位群が23.6kg、第2三分位群は24.7kg、最高三分位群は26.2kgで、最低三分位群と比べると、最高三分位群の膝関節伸展筋力の測定値は11%高くなっていました(統計学的有意差あり)。第2三分位群と最高三分位群の差も有意になりました。また、TUGテストに要した時間はそれぞれ、6.23秒、6.06秒、5.99秒で、最低三分位群と比べると、最高三分位群では4%短くなっていました(統計学的有意差あり)。

 異なる分析方法を用いても、硝酸塩摂取量が多い集団のほうが、これらの結果は良好であることが示されました。

 硝酸塩の摂取量を横軸とし、膝関節伸展筋力の測定値またはTUGテストの結果を縦軸として、個々の人々の値をプロットすると、これらの関係は直線的ではなく、いずれのテストでも硝酸塩摂取量が1日90mg程度のところで最も良好になることが明らかになりました。

 硝酸塩摂取量と、膝関節伸展筋力の測定値およびTUGテストの結果、すなわち筋機能の関係に、日常的な身体活動量が及ぼす影響についても検討しましたが、有意な影響は見られず、年齢(65歳以上か未満か)も有意な影響を及ぼしていませんでした。

 また、硝酸塩の摂取源を、野菜かそれ以外かに分けて筋機能との関係を調べたところ、今回得られた有意な関係は、主に野菜から摂取した硝酸塩によってもたらされていることが分かりました。

 毎日の食事において、主に野菜からの硝酸塩の摂取量が多いことは、年齢や運動習慣に関わらず下肢の筋力を強化し、筋機能を高めるために役立つ可能性が示唆されました。

 1日に90mgの硝酸塩を、たとえばほうれん草から摂取するとしたら、葉が6~8枚ついているやや大きめの一株(可食部が約45g)で目標は達成されそうです。

 論文は、2021年3月24日付のJournal of Nutrition誌電子版に掲載されています(*3)。

訂正
硝酸塩について、「国際オリンピック委員会(IOC)は2018年に、硝酸塩をドーピング物質に指定しました」と記載しておりましたが、ドーピング物質ではなく正しくは「ergogenic aid」(運動能力に影響する可能性のある栄養素や成分)でした。お詫びして訂正いたします。本文は修正済みです。[2021/9/17 18:15]
大西淳子(おおにしじゅんこ)
医学ジャーナリスト
大西淳子(おおにしじゅんこ) 筑波大学(第二学群・生物学類・医生物学専攻)卒、同大学大学院博士課程(生物科学研究科・生物物理化学専攻)修了。理学博士。公益財団法人エイズ予防財団のリサーチ・レジデントを経てフリーライター、現在に至る。研究者や医療従事者向けの専門的な記事から、科学や健康に関する一般向けの読み物まで、幅広く執筆。

先頭へ

前へ

2/2 page

筋肉
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.