日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 話題の論文 拾い読み!  > 下肢の筋力アップに、ほうれん草や小松菜の「硝酸塩」
印刷

話題の論文 拾い読み!

下肢の筋力アップに、ほうれん草や小松菜の「硝酸塩」

硝酸塩を多くとる人たちは年齢や運動量に関わらず筋機能が良好

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 ほうれん草小松菜などの葉物野菜に含まれている硝酸塩の摂取量が多い人ほど、筋力や筋肉の機能が高いことが、オーストラリアで行われた研究で明らかになりました。

硝酸塩は、ほうれん草や小松菜、チンゲン菜、春菊などの葉物野菜に多く含まれている。(写真=123RF)
硝酸塩は、ほうれん草や小松菜、チンゲン菜、春菊などの葉物野菜に多く含まれている。(写真=123RF)

毎日の食事から摂取できる量の硝酸塩が健康に及ぼす影響は?

 野菜にはビタミン、ミネラルのほか多様なフィトケミカル(*1)が含まれています。その1つが、ほうれん草や小松菜、チンゲン菜、春菊といった、緑の葉物野菜に多く含まれている硝酸塩(*2)です。

 これまでの研究では、食事を介した硝酸塩の摂取には心血管疾患のリスクを下げる可能性があることや、代謝調節に好ましい影響を与える可能性があること、また、高用量の硝酸塩を摂取すると筋力が高まることなどが示されていました。若い世代では、硝酸塩の摂取が運動中の骨格筋への血流量を増やすことが示されており、国際オリンピック委員会(IOC)は2018年に、硝酸塩を「ergogenic aid」(運動能力に影響する可能性のある栄養素や成分)に分類しました。

 しかし、これまでに硝酸塩の健康利益を検証した無作為化試験のほとんどは、短時間に大量に摂取できるよう、硝酸塩含有量の多いビーツ(赤紫色をしたヒユ科の根菜)の濃縮ジュースや硝酸ナトリウムを用いており、日常的な摂取量の4倍から7倍の硝酸塩を一度に摂取させていました。そのため、毎日の食事から摂取できる量の硝酸塩が健康に及ぼす影響については、明らかになっていませんでした。

 また、今回の論文の著者らは先に、食事を介した硝酸塩の摂取量が多い高齢者ほど、筋力と筋肉の機能が高いことを示唆する結果を得ていました。ただし、日常的な運動が筋機能の向上に貢献することも知られているため、食事を介した硝酸塩の摂取と、筋力、筋機能との関係の間に、本人の運動習慣が関わっている可能性も考えられました。

 そこで著者らは今回、食事を介した日常的な硝酸塩の摂取と筋力、筋機能の関係を明らかにし、そこに運動量が影響するかどうかを検討しようと考えました。

硝酸塩の摂取量で3群に分け、下肢の筋力や移動歩行能力を比較

 対象としたのは、オーストラリアの人々の糖尿病発症の状況とこれに関連する要因(肥満や生活習慣)について検討している観察研究「Australian Diabetes, Obesity and Lifestyle Study (AusDiab)」に参加した25歳から85歳までの人々です。

 参加者の日常的な食事の内容を集めるため、登録時点(2000~2001年)と、2004~2005年、2011~2012年の時点で食物摂取頻度調査を実施。調査を2回以上受けていた人たちについては、総エネルギー摂取量や、個々の成分の摂取量の平均値を求めました。

 筋肉の機能は、2011~2012年に行った、脚の筋力を調べる膝関節伸展筋力の測定結果と、バランス能力と移動歩行能力を調べる8フィートTUGテスト(いすに座った状態から立ち上がって歩き出し、8フィート先の目印を回って再び着席するまでに要する時間を測定するテスト)によって評価しました。

 運動習慣は質問票を用いて評価し、結果に基づいて人々を以下の3群に層別化しました:「全く運動しない」「運動はするが量が不十分(150分/週未満)」「十分な運動を行っている(150分/週以上)」

*1 フィトケミカル:植物性食品に含まれる栄養素以外の成分(香りや色、苦みなど)のこと。ポリフェノール類や硫黄化合物であるイソチオシアネート類、色素成分のカロテノイド類などが含まれる。

*2 硝酸塩については、健康に害を及ぼす可能性も示されていたが、それを示す明瞭なデータはなく、農林水産省のページでは「通常摂取する程度では、それ自体は特に人体に有害なものではありません」とされている。

1/2 page

最後へ

次へ

筋肉
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.