日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 話題の論文 拾い読み!  > 激しい運動を長く行うと、脳内出血やくも膜下出血を増やす恐れ
印刷

話題の論文 拾い読み!

激しい運動を長く行うと、脳内出血やくも膜下出血を増やす恐れ

脳卒中予防には「ウォーキングなどの中強度の運動を長めに」がおススメ

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 運動不足の人は脳卒中を発症しやすいことが知られています。では、どれくらい運動すれば、脳卒中リスクは下がるのでしょうか。今回は日本人のデータを基にした研究結果をご紹介します。

日本人の脳卒中予防に最適な運動量は?

日本人に多い出血性脳卒中は、激しい運動量が多いほど増える恐れが。(C)Ivanko Brnjakovic-123rf

 運動が脳卒中の発症を抑制することを示した研究は複数ありますが、それらは主に欧米で行われていました。日本人と欧米人では、遺伝的背景もライフスタイルも異なります。また、欧米人に比べ日本人は脳卒中を起こしやすく、特に出血性脳卒中(脳内出血やくも膜下出血)が多いことが知られています。したがって、西欧で行われた研究の結果を日本人にそのまま当てはめることはできません。

 そこで、米Minnesota大学公衆衛生大学院の久保田康彦氏など、JPHCスタディ(Japan Public Health Center-based Prospective Study; 主任研究者は津金昌一郎氏)の研究者たちは、日本人の脳卒中予防に最適な運動量を明らかにしようと考えました。

脳卒中とは

突然生じた脳の血流障害が、脳細胞に障害をもたらす病気全般を示す。脳の血管が破れる出血性脳卒中(脳内出血、くも膜下出血)と、血管が詰まる虚血性脳卒中(脳梗塞)に分けられ、虚血性脳卒中はさらに、血流に乗って流れてきた血栓が脳の太い血管を詰まらせる塞栓性脳梗塞と、それ以外の原因で脳の血管が詰まる非塞栓性脳梗塞(アテローム血栓性脳梗塞、ラクナ梗塞)に分けられる。動脈硬化が原因で起こる脳梗塞は、アテローム血栓性脳梗塞

脳卒中
出血性脳卒中
脳内出血
くも膜下出血
虚血性脳卒中(脳梗塞)
塞栓性脳梗塞
非塞栓性脳梗塞(アテローム血栓性脳梗塞、ラクナ梗塞)

 現在も進行中のJPHCスタディは、日本人の成人14万420人(男性6万8722人、女性7万1698人)を追跡しています。今回の分析の対象になったのは、循環器疾患またはがんにかかったことがない、50歳から79歳までの7万4913人(男性3万4874人、女性4万38人)です。それらの人々の身体活動量と脳卒中の発症の関係を、2000年から2012年まで追跡しました。

 身体活動の総量は、余暇の運動と、仕事関連の移動や家事のための身体活動を合わせて推定しました。個々の活動の運動強度を示す指数「メッツ(METs;Metabolic Equivalents of Task)」(*1)に活動時間をかけ合わせた「エクササイズ(Ex;Excersice=メッツ×時間)」(*2)を合計して、1日当たりの身体活動量(エクササイズ/日)を求め、これに基づいて対象者を4群に分けました。

*1 メッツ(METs):身体活動の「強度」を表わす単位で、安静時(座って安静にしている状態)を1メッツとし、それぞれの身体活動がその何倍の強度に相当するかを示す。普通歩行は3メッツ、ジョギングは7メッツに相当する。
*2 エクササイズ(Ex):メッツに時間をかけたもので、身体活動の「量」を表わす単位。普通歩行(3メッツ)を3時間行うと、3×3=9エクササイズ(メッツ・時間)となる。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.