日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 話題の論文 拾い読み!  > 塩分の摂取量が多い人ほど肥満になりやすい  > 2ページ目

話題の論文 拾い読み!

塩分の摂取量が多い人ほど肥満になりやすい

塩分を控えると血圧だけでなくBMIも低下する可能性

 大西淳子=医学ジャーナリスト

4カ国すべてで塩分摂取量とBMIが正の相関示す

 塩分摂取量とBMIの関係に影響を及ぼす可能性のある要因として、年齢、性別、喫煙習慣、飲酒習慣、学歴、摂取カロリーなどを考慮して分析したところ、塩分摂取量が増加するにつれて、どの国でもBMIは統計学的に有意に上昇していました。BMIの上昇幅は、1日当たりの塩分摂取量が1g増加するごとに、日本は0.28、中国は0.10、英国は0.42、米国は0.52でした(すべて統計学的有意差あり)。

 次に、1日当たりの塩分摂取量が1g増加すると、過体重/肥満となるリスクがどの程度上昇するかを調べたところ、日本では21%、中国では4%、英国では29%、米国では24%上昇していました(すべて統計学的有意差あり)。

 このように、塩分摂取量は4カ国すべてにおいて、BMIと正の相関を示しました。得られた結果は、どの国でも、人々が塩分摂取を控えると、血圧が下がるだけでなくBMIも低下し、住民に占める過体重/肥満者の割合も減る可能性を示唆しています。

 論文は、American Journal of Clinical Nutrition誌オンライン版2019年5月21日号に掲載されています(*2)。

大西淳子(おおにしじゅんこ)
医学ジャーナリスト
大西淳子(おおにしじゅんこ) 筑波大学(第二学群・生物学類・医生物学専攻)卒、同大学大学院博士課程(生物科学研究科・生物物理化学専攻)修了。理学博士。公益財団法人エイズ予防財団のリサーチ・レジデントを経てフリーライター、現在に至る。研究者や医療従事者向けの専門的な記事から、科学や健康に関する一般向けの読み物まで、幅広く執筆。

先頭へ

前へ

2/2 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.