日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 話題の論文 拾い読み!  > 眠りの浅い「レム睡眠」が少ないと死亡リスクが高まる?
印刷

話題の論文 拾い読み!

眠りの浅い「レム睡眠」が少ないと死亡リスクが高まる?

米国の研究、異なる2つの集団で同様の結果

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 睡眠時間に占める「レム睡眠」(眠っているときに眼球が素早く動く、浅い眠りの状態)の割合が低い人ほど死亡リスクが高いことが、米国で行われた研究で明らかになりました。

「浅い眠り」であるレム睡眠の割合が低いと、死亡リスクが高まる?(C) EDUARD BONNIN TURINA -123RF
「浅い眠り」であるレム睡眠の割合が低いと、死亡リスクが高まる?(C) EDUARD BONNIN TURINA -123RF

レム睡眠とノンレム睡眠が健康に及ぼす影響を検討

 人間の睡眠は、ノンレム睡眠とレム睡眠という、質的に異なる2つの睡眠状態で構成されていて、夜間睡眠中はこの2つが交互に出現します。レム睡眠は、眠ってはいるものの脳は比較的活発に活動している「浅い睡眠」で、眠っているときに眼球が素早く動くことから、英語の「Rapid Eye Movement(急速眼球運動)」を略してレム睡眠(REM sleep)と名付けられました。レム睡眠は全身の筋肉が弛緩し、身体を休めている状態です。一方、ノンレム睡眠は、脳の活動も低下した「深い睡眠」の状態です。

 睡眠障害は、心血管疾患(心筋梗塞や脳卒中)や代謝性疾患(糖尿病など)、精神疾患のリスクの上昇や、認知機能の低下、さらには死亡リスクの上昇と関係することが報告されています。しかし、これまでに行われた睡眠に関する研究の多くは、対象者本人が申告した睡眠の時間や状態を分析に用いていました。そのため、レム睡眠とノンレム睡眠のそれぞれが健康や死亡に及ぼす影響については検討できていませんでした。

 そこで今回、米Stanford大学などの研究者たちは、睡眠時間に占めるレム睡眠の割合を客観的に調べて、死亡との関係を分析することにしました。

 著者らはまず、米国内の6施設で、市中在住の65歳以上の男性5994人を登録し、長期にわたって追跡した観察研究のデータを分析しました。参加者は登録後、自宅での睡眠時に、睡眠ポリグラフ計と手首用身体活動モニターを装着して、睡眠中の体や脳の活動の様子を記録していました。参加者の睡眠時間に占めるレム睡眠の割合は0~43.9%で、このばらつきは正常範囲内とみなされました。平均は19.2%(69.7分)でした。

レム睡眠の割合が5%減少するごとに死亡リスクが13%上昇

 分析に必要な情報が得られた2675人(全員が男性、平均年齢76.3歳)のうち、1404人(52.5%)が、約12年(中央値)の追跡期間中に死亡していました。

 レム睡眠と死亡の関係に影響を与える可能性のある、さまざまな要因を考慮して分析したところ、レム睡眠の割合が5%減少するごとに、あらゆる原因による死亡(総死亡)のリスクは13%上昇することが分かりました。同様に、レム睡眠の割合が5%減少するごとに、心血管疾患による死亡リスクは11%、他の死因による死亡リスクも19%上昇することが示唆されました。

 また、レム睡眠の割合が一定以上低くなると死亡リスクが有意に上昇する、閾値があるかどうかを検討したところ、REM睡眠の割合が15%未満の人は15%以上の人に比べ、総死亡と死因別死亡のリスクが高くなる可能性が示されました。

1/2 page

最後へ

次へ

睡眠
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.