日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 話題の論文 拾い読み!  > 飲酒が乳がんリスクの上昇に関係 日本人女性でも確認  > 2ページ目
印刷

話題の論文 拾い読み!

飲酒が乳がんリスクの上昇に関係 日本人女性でも確認

飲酒習慣がある人の乳がんリスクは、飲まない人の1.5倍

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 1988年から2009年までの期間に、3万3396人のうちの255人が乳がんを発症、または、発症後に乳がんで死亡していました。分析に影響する可能性のある要因を考慮した上で、乳がん発症リスクと、緑茶、コーヒー、アルコール飲料の摂取の関係を調べました。

 緑茶とコーヒーの摂取と乳がんリスクの間には、統計学的に有意な関係は見られませんでした。一方で、アルコール飲料の摂取は乳がんリスクの上昇に関係していました。お酒を飲まない人と比較した飲酒者の乳がん発症リスクは1.46倍と、46%高くなりました。

 飲酒頻度に基づいて飲酒者を層別化したところ、統計学的に有意な乳がんリスクの上昇が見られたのは飲酒頻度が週1回未満だった女性で、乳がんリスクは2.07倍と、飲まない女性に比べて107%も高くなっていました。しかし、それ以外の、週に1~2回、週に3~4回、毎日、と回答した女性のリスク上昇は有意にならず、飲酒頻度が増えるにつれてリスクが上昇する現象も見られませんでした。

 また、好んで飲むアルコール飲料が日本酒またはビールの場合には、乳がんリスクとの関係は有意になりませんでした。ワイン、ウィスキーの摂取は、統計学的に有意なレベルにわずかに足りないものの、リスク上昇傾向を示しました。ワイン愛飲者のリスクは、ワインを飲まない人に比べ1.8倍程度、ウィスキー愛飲者では1.7倍程度高いと推定されましたが、どちらも人数は少なく、750人程度でした。

飲酒の頻度と乳がんリスクに関係が見られなかった理由は?

 飲酒頻度が高いほど乳がんリスクも高くなる現象が見られなかったことについて、著者らは以下のように考察しています。

 「これまでに行われた、飲酒と乳がんリスクの関係について検討した研究では、アルコールの摂取が女性ホルモンであるエストロゲンの濃度を上昇させること、エストロゲンが乳がんの発症に関係すること、また、飲酒のパターンのうち、大量飲酒によるエストロゲン濃度の上昇が大きいことが示されている。今回対象となった女性の飲酒量については、特に週1回未満の人々においてデータが得られなかった人の割合が高かったため、分析できなかった。飲酒の頻度が週1回未満の女性が、頻度は少ないものの、1回で大量のアルコールを摂取していたと考えれば、他のグループよりもリスク上昇が大きかったことを説明できる可能性がある」

 論文は、Asian Pacific Journal of Cancer Prevention誌2020年6月1日号に掲載されています(*2)。

大西淳子(おおにしじゅんこ)
医学ジャーナリスト
大西淳子(おおにしじゅんこ) 筑波大学(第二学群・生物学類・医生物学専攻)卒、同大学大学院博士課程(生物科学研究科・生物物理化学専攻)修了。理学博士。公益財団法人エイズ予防財団のリサーチ・レジデントを経てフリーライター、現在に至る。研究者や医療従事者向けの専門的な記事から、科学や健康に関する一般向けの読み物まで、幅広く執筆。

先頭へ

前へ

2/2 page

飲酒
がん
キーワード一覧へ
日経グッデイ初割春割キャンペーン2022

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.