日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 話題の論文 拾い読み!  > お酒の「Jカーブ」は存在しない 米国で新たな研究結果
印刷

話題の論文 拾い読み!

お酒の「Jカーブ」は存在しない 米国で新たな研究結果

「適度な飲酒量」はなく、飲酒量が増えるほど心血管疾患のリスクも上昇

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 飲酒量と心血管疾患(心筋梗塞や脳卒中など)の発症リスクの関係には「Jカーブ」が存在する、つまり、お酒を少し飲む人は全く飲まない人よりも心血管疾患のリスクが低いということが知られています。しかし、米国の研究者たちが新たに行った研究(*1)の結果、「非飲酒者に比べ心血管疾患のリスクが低くなる飲酒量」は存在せず、飲酒量が増えるにつれて心血管疾患のリスクは指数関数的に上昇することが示唆されました。

これまでは「少量の飲酒は心筋梗塞や脳卒中のリスクを下げる可能性がある」と考えられてきましたが…。(写真=PIXTA)
これまでは「少量の飲酒は心筋梗塞や脳卒中のリスクを下げる可能性がある」と考えられてきましたが…。(写真=PIXTA)

飲酒量のJカーブには「好ましい生活習慣」が影響している?

 飲酒と心血管疾患のリスクの関係について検討した観察研究はこれまで、非飲酒者や大量飲酒者に比べ、少量飲酒者のほうがリスクは低いことを一貫して示しており、横軸を飲酒量、縦軸をリスクの大きさとしてグラフ化すると、J字型またはU字型のカーブになると報告していました。しかしそうした関係は、節度ある飲酒者に多く見られる、好ましい生活習慣や、行動特性、社会経済的地位などの影響を受けている可能性があるとも考えられていました。しかし、この問題について検討するために無作為化試験を行う(参加者をさまざまな飲酒量に割り付けて、その後の心血管疾患の発症率を比較する)のは倫理的に不可能です。

 近年、飲酒と心血管疾患リスクの因果関係を分析するような場合に、メンデルランダム化解析という手法がとられるようになりました。この方法は、観察研究では完全に解決できない交絡因子(AとBの関係について検討する研究の場合、これらの関係に影響を及ぼす可能性のあるさまざまな要因を交絡因子と見なします)と、逆の因果関係(AによってBが起こるように見えるが、実際にはBが先に起きたためにAが現れる場合)の懸念を取り除くことができます。

さらに詳しく:メンデルランダム化解析とは

 メンデルランダム化解析は、無作為化試験で得られる結果を、観察研究で得られるデータから導き出すために考案された研究法です。

 例えば、「善玉」と呼ばれるHDLコレステロールを高める治療が心筋梗塞リスクを低減するかどうかを検討する場合、無作為化試験を行うなら、背景がよく似た人たちを大勢登録して、「HDLコレステロールを高める治療薬を飲む群」または「偽薬(プラセボ)を飲む群」のいずれかに無作為に割り付けて長期間追跡し、心筋梗塞の発症率を比較します。

 一方、メンデルランダム化解析は、HDLコレステロールが高値になる遺伝子を持つ人とそうでない人を追跡して、心筋梗塞の発症率を比較します。全ての遺伝子は授精時点でランダムに振り分けられる、という前提に立つこの方法は、HDLコレステロール高値に関係する遺伝子以外はメンデルの法則どおりにランダム化されていると見なし、そうであれば、HDLコレステロール値に関係する遺伝子を除いて、1人1人の参加者の特性(生活習慣など)の分布は等しいと想定して分析します。因果関係の検討において有用と考えられている方法です。

 これまでに行われたメンデルランダム化解析でも、飲酒と心血管疾患リスクの間には因果関係が存在することが示唆されていましたが、用量反応関係については十分に分析されていませんでした。そこで著者らは、さまざまな量の習慣的なアルコール摂取と心血管疾患の関係についてさらに研究するため、非線形メンデルランダム化解析というより新しい方法も用いた分析を行うことにしました。

*1  Biddinger KJ, et al. JAMA Netw Open. 2022;5(3):e223849.

1/2 page

最後へ

次へ

飲酒
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.