日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 話題の論文 拾い読み!  > 「安全な飲酒量」今の基準では多すぎる?
印刷

話題の論文 拾い読み!

「安全な飲酒量」今の基準では多すぎる?

死亡リスクが上がらないのは純アルコールで週100gまで

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 死亡や循環器疾患のリスクを高めない飲酒量はどの程度かを検討した英国の研究で、死亡リスクを高めない飲酒量は、純アルコールで1週間に約100gが上限であることが示唆されました。これは、厚生労働省が示している「節度ある適度な飲酒」の目安(1日平均20g、1週間で140g程度)よりも低い数字です(*1)。

*1 純アルコール20gは、ビールなら中瓶1本(500mL)、ウイスキーならダブル1杯(60mL)に相当する。
適切な飲酒量は、これまで考えられていた量よりも少ないかもしれない。(c)olegdudko-123RF

飲酒量の上限は国によってまちまち

 厚生労働省は、節度ある適度な飲酒は、純アルコールにして1日平均20g程度(週140g程度)としています。しかし、世界各国の飲酒に関するガイドラインが示す基準値はばらついており、どれを見本にすればよいのか迷うのが現状です。

 例えば米国は、男性は1週間に196g、女性は1週間に98gを上限としています。カナダとスウェーデンも同様です。一方で、イタリア、ポルトガル、スペインは、米国のおおよそ1.5倍を上限とし、英国は、男性の上限を米国の半分強(112g)に設定しています。

表 主な酒類の純アルコール量換算の目安
出典:厚生労働省 健康日本21
[画像のクリックで拡大表示]

 そこで、英ケンブリッジ大学などの研究者たちは、死亡と循環器疾患(心筋梗塞や心不全、脳卒中など)のリスクを高めない飲酒量を明らかにしようと考えました。

 分析対象にしたのは、19の高所得国(米国、カナダ、英国などの西欧諸国、オーストラリア、日本ほか)の住民を対象に行われた3つの大規模研究に参加した人々です。この中から、飲酒習慣があり、循環器疾患の経験がない59万9912人(平均年齢57歳、女性44%、喫煙者21%)を選び、約7.5年追跡して、死亡および循環器疾患の発症と飲酒量との関係を検討しました。

 対象となった人々の約50%が週に100gを超える純アルコールを摂取しており、8.4%では摂取量が350gを超えていました。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.