日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 話題の論文 拾い読み!  > 「安全な飲酒量」今の基準では多すぎる?  > 2ページ
印刷

話題の論文 拾い読み!

「安全な飲酒量」今の基準では多すぎる?

死亡リスクが上がらないのは純アルコールで週100gまで

 大西淳子=医学ジャーナリスト

アルコールが週100gを超えると死亡リスクは上昇

 検討の結果、死亡リスクは、飲酒量が増加するにつれて、あるポイントから曲線的に上昇していました。具体的には、純アルコール摂取量が週に100g以下の人では、死亡リスクは飲酒量にかかわらず一定でしたが、週に100gを超えると週150gあたりまで緩やかに上昇し、それ以降は急上昇していました。男女別に分析しても同様の上昇傾向が見られました。

 なお、1週間当たりの純アルコール摂取量が同じでも、ワインを飲む人に比べビールまたはスピリッツを飲む人のほうが、飲酒量の増加に伴う死亡リスクの上昇は大きくなっていました。また、より飲酒頻度が低い、すなわち1回当たりの飲酒量が多い人も、飲酒量増加に伴う死亡リスクの上昇が大きいことが分かりました。

 一方、循環器疾患のリスクは、純アルコール摂取量の増加とともにJ字型のカーブを描きました。リスクが最も低いのは飲酒量が週100gの人で、1週間にわずかだけ飲酒する人と200g飲酒する人のリスクは同程度でした。

 飲酒量増加とともにリスクが上昇する循環器疾患は、脳卒中(1週間の純アルコール摂取量が100g増加するごとに1.14倍)、心筋梗塞以外の冠動脈疾患(同1.06倍)、心不全(同1.09倍)、高血圧による死亡(同1.24倍)、大動脈瘤による死亡(同1.15倍)でした。

 ところが、飲酒量と心筋梗塞の関係は上記とは全く異なっていました。リスクが最も高いのは1週間にわずかしか飲まない人で、週100gまでは飲酒量が増加するにつれてリスクは低下していました。週100g以上では、飲酒量が増えてもリスクは一定の低い値を維持しました。全体では、1週間の純アルコール摂取量が100g増加するごとに心筋梗塞のリスクは6%ずつ減少する、という結果になりました。

飲酒量が週におおよそ100gを超えると、余命は1.3~1.6年短くなる

 今回のデータを利用して推定すると、英国で男性の飲酒量の上限値に設定されている週112gを超える量を飲む人の40歳時点の余命は、上限値以下の人に比べ1.6年短く、米国のガイドラインの上限値である週196gを超える男性では、それ以下の人に比べ2.7年短くなると考えられました。

 同様に女性では、英国の上限値である週112gを超える人と、米国の上限値である週98gを超える人の40歳時点の余命は、それらの上限値以下の集団に比べいずれも1.3年短くなると推定されました。

 高所得国の飲酒者において、死亡リスクが最も低くなる飲酒量は純アルコール量でおおよそ週に100g以下でした。一方で、循環器疾患のリスクについては、全体でも、個々の疾患についても、明確な閾値は見いだせませんでした。

 今回得られた結果は、多くの国で現在用いられている安全な飲酒量の上限を引き下げる必要があることを示唆しています。

 論文は、英Lancet誌2018年4月14日号に掲載されています(*2)。

*2  Wood AM, et al. Lancet. 2018 Apr 14;391(10129):1513-1523.
大西淳子(おおにしじゅんこ)
医学ジャーナリスト
大西淳子(おおにしじゅんこ) 筑波大学(第二学群・生物学類・医生物学専攻)卒、同大学大学院博士課程(生物科学研究科・生物物理化学専攻)修了。理学博士。公益財団法人エイズ予防財団のリサーチ・レジデントを経てフリーライター、現在に至る。研究者や医療従事者向けの専門的な記事から、科学や健康に関する一般向けの読み物まで、幅広く執筆。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.