日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 話題の論文 拾い読み!  > 高齢者の「長すぎる昼寝」は認知機能の低下と関係
印刷

話題の論文 拾い読み!

高齢者の「長すぎる昼寝」は認知機能の低下と関係

米国の高齢者を長期間追跡した観察研究

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 昼寝の時間が長い、あるいは昼寝の頻度が多い高齢者は、その後認知機能が低下するリスクが高いことが、米国の高齢者を長期間追跡した観察研究(*1)で明らかになりました。認知機能が低下すると、加齢に伴う昼寝時間の延長幅が大きくなることも分かりました。

高齢者の過剰な昼寝は、認知機能の低下と関係があるようです。(写真=123RF)
高齢者の過剰な昼寝は、認知機能の低下と関係があるようです。(写真=123RF)

高齢者が昼下がりにうとうと…これは認知機能低下と関係?

 高齢者が昼下がりにうとうとしている様子を見かけることは少なくありません。また、アルツハイマー病患者に昼寝が多いことも知られています。昼寝習慣と認知症の関係については、これまでにもさまざまな議論が行われてきました。認知症になると目覚めを促す神経細胞が変化して、目覚めにくくなる可能性が示唆されている一方で、昼寝が多いアルツハイマー病患者では、この病気の特徴となっている脳における異常なたんぱく質の蓄積が早まる可能性も示されています。

 しかし、高齢者を長期間追跡して、昼寝と認知機能の関係を調べたこれまでの研究は、一貫した結果を示せていませんでした。それらの研究はほとんどが、昼寝に関する調査を1回だけ行って、認知機能との関係を検討していました。また、多くが、本人から昼寝の時間や頻度を聞き取って分析していましたが、高齢者、特に、認知機能が低下している人が対象である場合、この方法によって得られる情報の信頼性は低い可能性があります。

 昼寝時間と頻度は、客観的に、複数回測定する必要があると考えた著者らは、そうした測定を実際に行い、以下のような仮説を立てて検証することにしました。

(1)加齢とともに、昼寝の時間や頻度(いずれかまたは両方)は増加する。この長期的な変化は、認知症ではなかった人が軽度認知障害になると加速される。

(2)客観的な測定によって「過剰な昼寝」(時間、頻度のいずれかまたは両方において)が認められる人は、アルツハイマー病リスクが上昇している。

活動量計で昼寝を測定し、アルツハイマー病リスクとの関係を検討

 分析対象にしたのは、1997年に開始され、現在も行われている前向き観察研究Rush Memory and Aging Projectに参加した高齢者です。著者らは、参加者に対して2005年以降に行われた、腕時計型の活動量計を利用して測定した昼寝に関するデータと、アルツハイマー病発症、および、認知機能検査の結果に関する情報を入手しました。

 参加者1401人の平均年齢は81.4歳で、女性が76.5%を占めていました。それらの人々は、毎年、認知機能検査と、持病(併存疾患)および医療の利用に関する調査を受けました。認知機能は、21項目からなる神経精神検査を行って判定しました。また、毎回の受診日から14日間にわたって、活動量計を用いた調査を行いました。活動量計の平均装着日数は10日で、最短は2日、最長は14日でした。昼寝は午前9時から午後7時までの時間帯の睡眠と定義しました。

 結果に影響を及ぼす可能性のある要因として、人口統計学的特性(年齢、性別、学歴)、夜間の睡眠と概日リズム(夜間の睡眠時間、睡眠の断片化、中途覚醒、睡眠覚醒リズムの安定性)、併存疾患と治療薬の使用(抑うつ、甲状腺疾患、血管疾患、血管疾患の危険因子、睡眠に影響を及ぼす可能性のある薬剤〔不安と不眠に対する治療薬、鎮痛薬、抗けいれん薬、β遮断薬〕の使用)、アルツハイマー病発症リスクの上昇に関係するアポリポ蛋白Eε4遺伝子の有無についても情報を得ました。

*1 Peng Li, et al. Alzheimers Dement. 2022 Mar 17. doi: 10.1002/alz.12636. Online ahead of print.

1/2 page

最後へ

次へ

睡眠
認知症
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.