日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 話題の論文 拾い読み!  > 人工甘味料入り炭酸飲料を飲む人は脳卒中や認知症になりやすい  > 2ページ

話題の論文 拾い読み!

人工甘味料入り炭酸飲料を飲む人は脳卒中や認知症になりやすい

毎日のように飲む人ではリスクが2~3倍に上昇

 大西淳子=医学ジャーナリスト

人工甘味料入り炭酸飲料を飲む人の脳卒中のリスクは2倍

 分析の結果、年齢、性別、摂取熱量(カロリー)、食事の質(健康に良いとされる食事をとっているかどうか)、身体活動量、喫煙習慣などを考慮しても、人工甘味料を添加した炭酸飲料は脳卒中と認知症のリスク上昇に関係していました。

 人工甘味料入り炭酸飲料を飲む人の脳卒中のリスクは、「最近の摂取頻度」が週に1~6回のグループで、全く飲まないグループの2.09倍1日1回以上のグループでは1.95倍でした。脳卒中のうち虚血性脳卒中に限定して分析すると、週に1~6回のグループのリスクは2.47倍、1日1回以上のグループでは2.27倍になっていました。

 一方、「長期的な摂取頻度」では、虚血性脳卒中についてのみ、リスク上昇が見られました。人工甘味料入りの炭酸飲料を全く飲まないグループに比べ、週に1~6回飲むグループの虚血性脳卒中のリスクは2.62倍、1日に1回以上では2.96倍になっていました。

1日1回以上飲む人では認知症リスクも上昇

 認知症との関係では、人工甘味料入り炭酸飲料を1日に1回以上飲む人々において、明らかなリスク上昇が認められました。「最近の摂取頻度」が1日1回以上のグループでは、全く飲まないグループと比べ、認知症のリスクは、2.20倍で、このうちアルツハイマー病のリスクは2.53倍でした。「長期的な摂取頻度」が1日1回以上のグループでは、認知症のリスクは2.47倍、アルツハイマー病のリスクは2.89倍でした。

 一方、すべての加糖飲料や、人工甘味料を含まない加糖炭酸飲料の摂取は、脳卒中、認知症のリスクに影響を及ぼしていませんでした。

(データ出典:Pase MP, et al. Stroke. 2017;48:00-00. DOI: 10.1161/STROKEAHA.116.016027.)
[画像のクリックで拡大表示]
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.