日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 話題の論文 拾い読み!  > 朝、30分のきつめのウォーキングがその日の血圧を下げる  > 2ページ
印刷

話題の論文 拾い読み!

朝、30分のきつめのウォーキングがその日の血圧を下げる

座りっぱなしで肥満の高齢者を対象にした研究

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 実験に参加したのは、55歳以上80歳以下、BMI25以上45未満という条件を満たした67人の成人です。うち35人が女性で、平均年齢は67歳、BMIの平均は31.2で、37%が高血圧でした。

 実験では、朝8時から8時間、以下の3通りの生活のいずれかを、ランダムな順番でそれぞれ1回ずつ送るよう指示しました。

(1)座り続ける
トイレに行くとき以外は、中断なしに8時間座り続ける(参照群)
(2)運動した後、座り続ける
1時間座ってから、中~高強度のウォーキングを30分間行い、その後6時間半は、トイレに行く以外は中断なく座り続ける
(3)運動した後、座り続けるが、30分ごとに3分間の軽い運動を行う
1時間座ってから、中~高強度のウォーキングを30分間行い、その後6時間半は座って過ごすが、30分ごとに3分間、軽いウォーキングを繰り返す

 ウォーキングはトレッドミルを用いて行いました。速度は3.2km/時に設定し、朝のウォーキングでは、参加者の年齢に基づく最大心拍数の予測値の65~75%になるよう傾斜を調整しました。座っている間に行った3分間ウォーキングの際には、傾斜はつけませんでした。

 食事は朝と昼の2回提供しました。座っている間は、ラップトップPCを用いて静かに文書を読む、または仕事をするよう指示し、血圧が上昇する可能性があるテレビ視聴や、重要ではない電話などは禁止しました。血圧は、開始前と、開始1時間半後から1時間に1回の頻度で測定し、試験終了時点で最後の測定を行いました。

 実験と実験の間隔は6日以上あけ、実施前48時間は、カフェイン、アルコールの摂取と、中~高強度の運動を禁じ、実施前夜は19時から21時の間に夕食を終えるよう指示しました。

朝の30分のウォーキングで「上の血圧」が3mmHgほど低下

 実験の結果、朝8時から8時間の収縮期血圧の平均は、「座りっぱなし」の日に比べ、「運動+座りっぱなし」の日は3.4mmHg、「運動+座りっぱなし+30分ごとに軽い運動」の日は5.1mmHg、それぞれ有意に低くなっていました(表1)。

表1 朝の運動が日中の血圧に与える影響
(Wheeler MJ, et al. Hypertension. 2019 Apr;73(4):859-867.)
[画像のクリックで拡大表示]

 「運動+座りっぱなし」の日と「運動+座りっぱなし+30分ごとに軽い運動」の日の収縮期血圧の平均を比較すると、全体では、後者の方が1.7mmHg低くなっていました。この差は、主に女性において、軽い運動の追加による降圧効果が大きかったことに起因していました。女性の「運動+座りっぱなし+30分ごとに軽い運動」の日の収縮期血圧を「運動+座りっぱなし」の日と比較すると、差は3.2mmHgありました。一方、男性の場合は、「運動+座りっぱなし+30分ごとに軽い運動」の日と「運動+座りっぱなし」の日の収縮期血圧の平均には差はほとんど見られませんでした。

 また、下の血圧(拡張期血圧)に対する運動の影響は小さく、性別による差もほとんど見られませんでした。

 過体重または肥満で、座っている時間が長い高齢者において、朝食後30分間のきつめの運動が、その日の昼間の血圧を下げることが示されました。朝の運動に加えて、その後も30分ごとに軽い運動をした場合の利益は、男性より女性で大きいことも明らかになりました。

 論文は、Hypertension誌2019年4月号に掲載されています(*2)。

大西淳子(おおにしじゅんこ)
医学ジャーナリスト
大西淳子(おおにしじゅんこ) 筑波大学(第二学群・生物学類・医生物学専攻)卒、同大学大学院博士課程(生物科学研究科・生物物理化学専攻)修了。理学博士。公益財団法人エイズ予防財団のリサーチ・レジデントを経てフリーライター、現在に至る。研究者や医療従事者向けの専門的な記事から、科学や健康に関する一般向けの読み物まで、幅広く執筆。

先頭へ

前へ

2/2 page

ウォーキング
血圧
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.