日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 話題の論文 拾い読み!  > 「胃酸を抑える薬」と鎮痛薬の併用で腎障害のリスクが上昇
印刷

話題の論文 拾い読み!

「胃酸を抑える薬」と鎮痛薬の併用で腎障害のリスクが上昇

ランソプラゾール、エソメプラゾールなどのプロトンポンプ阻害薬

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 逆流性食道炎などの治療に用いられる、プロトンポンプ阻害薬(PPI)と呼ばれる薬と、ロキソプロフェン、ジクロフェナク、アスピリンなどの一般的な鎮痛薬または一部の抗菌薬(セファロスポリン系またはフルオロキノロン系)を併用すると、急性腎障害を起こすリスクが高まることが、日本で行われた研究で明らかになりました。

「胃酸を抑える薬」と「痛み止め」の併用は要注意であることが分かりました。(写真/123RF)
「胃酸を抑える薬」と「痛み止め」の併用は要注意であることが分かりました。(写真/123RF)

胃酸を抑えるプロトンポンプ阻害薬と飲み合わせが悪い薬は?

 医師に処方された薬を薬局で調剤してもらうときに、薬剤師から「飲み合わせ、食べ合わせ」に関する注意を受けることがあります。特定の薬の組み合わせは、薬の効果を強めたり弱めたりするほか、有害事象を引き起こすこともあります。

 胃酸分泌を強力に阻害するプロトンポンプ阻害薬(PPI)は、胃潰瘍や逆流性食道炎などによる胃痛や胸焼けなどの緩和や、再発を抑えるために広く処方されています(一般名:ランソプラゾール、エソメプラゾール、ラベプラゾール、オメプラゾール、ボノプラザン)。また、低用量のアスピリンを服用している患者の胃潰瘍、十二指腸潰瘍を予防するために、同時に処方されることもあります。これまで、PPIと他の薬剤を併用した場合に腎臓に及ぶ影響を調べる研究は、十分に行われていませんでした。

 一方、ロキソプロフェン、ジクロフェナク、アスピリンなどの「非ステロイド性抗炎症薬」と呼ばれる一般的な消炎鎮痛薬は、多くが薬局で購入でき、鎮痛薬や解熱薬として使用されています。PPIを使用している患者も、意識せずに購入し、併用してしまう可能性があります。

 今回、京都大学医学部附属病院薬剤部の幾田慧子氏らは、PPIと非ステロイド性抗炎症薬または各種抗菌薬(ペニシリン系、マクロライド系、セファロスポリン系、フルオロキノロン系)の併用が、急性腎障害リスクの上昇と関係するかどうかを明らかにするために、健康保険の医療費請求データベースからデータを得て分析しました(※したがって、今回の分析の対象となったのは、医師によって処方された薬剤に限定されます)。

PPIを処方された22万人のデータを分析

 2005年1月から2017年6月までの期間に、PPI、非ステロイド性抗炎症薬、抗菌薬の処方を1回以上受けていた患者をデータベースから選出しました。それらの中から、PPIを新たに処方された、過去に腎臓病にかかった記録のない患者21万9082人を選んで分析対象としました。平均年齢は45歳で、44%が女性でした。それらの人たちを平均2.4年、51万9359人-年(※追跡した人数の合計と年数の合計を掛け合わせたもの)にわたって追跡したところ、317人が急性腎障害と診断されていました。

 これらの317人を「ケース群」とし、これらの人たちと年齢、性別、追跡期間がマッチする、急性腎障害を発症しなかった人たちを、分析対象となった集団から発症者1人につき10人まで選出して「コントロール群」としました。コントロール群は3150人見つかりました。両群の患者に対する、個々のPPIの処方率は同様でした。一方で、腎毒性を有する薬剤、非ステロイド性抗炎症薬、ペニシリン系抗菌薬、セファロスポリン系抗菌薬、フルオロキノロン系抗菌薬の使用率は、コントロール群に比べケース群(急性腎障害発症者)のほうが高くなっていました。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.