日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 話題の論文 拾い読み!  > 脂肪を燃焼させるなら午前より午後、運動前にカフェイン
印刷

話題の論文 拾い読み!

脂肪を燃焼させるなら午前より午後、運動前にカフェイン

運動習慣のある男性を対象としたスペインの研究

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 日頃から運動している男性が有酸素運動の30分前に多めのカフェインを摂取すると、運動中の脂肪の燃焼が活発になる―。そんな研究結果が、スペインから報告されました。同じ運動でも、午前より午後に、それもカフェイン摂取後に行った方が、脂肪の燃焼は大きくなっていました。

運動前のカフェイン摂取が、脂肪の燃焼を高めることがスペインの研究で示されました。(写真/123RF)

カフェインは運動後の疲労回復に役立つことが知られていた

 これまでに行われた研究では、運動時の脂肪の燃焼は午前より午後のほうが活発に起こること、また、アスリートにおいては、持久力を必要とする有酸素運動の能力は、朝と夜は低く、午後に最も高くなることが示されていました。また、カフェインは、有酸素運動とレジスタンス運動(筋肉に負荷をかける動作を繰り返し行う運動、いわゆる筋トレなど)のいずれにおいても疲労の回復に役立つことが示唆されていました。さらに、カフェインを摂取すると、運動能力の日内変動が小さくなることを示した予備的な報告もありました。

 今回、スペイン・グラナダ大学などの研究者たちは、カフェインの摂取が、運動中の脂肪燃焼と有酸素運動の能力の日内変動にどう影響するのかを知るために、以下のような研究を行いました。

 実験に参加したのは、15人の健康な男性(平均年齢32歳)ボランティアです。BMI(体格指数)は18.5~28(平均は25.6、日本肥満学会の基準では25以上が肥満に該当)で、全員が非喫煙者であり、日常的なカフェイン摂取量は1日に50mg未満でした。全員が、週3回以上の持久力トレーニングを、最低2年間継続していました。

 実験では、これらの男性に、1週間おきに計4回、自転車エルゴメーターを用いた運動を行ってもらいました。実験のタイミングは午前または午後とし、運動開始の30分前に飲むドリンクとして、カフェイン飲料(体重1kg当たり3mgのカフェイン粉末を250mLの水に溶かしたもの)またはプラセボ飲料(セルロース微結晶を250mLの水に溶かしたもの)のいずれかを用意しました。どちらの飲料も無臭・無着色で、外見上も区別ができない状態でした。これら「午前・午後」「カフェインあり・なし」の条件を組み合わせた4通りの実験を、ランダムな順番で全て経験してもらいました。

カフェイン摂取後に運動した方が脂肪燃焼と持久力が上昇

 自転車エルゴメーターを用いた運動は、気温22~24度、湿度40~50%の環境で、午前の場合は8時から11時、午後の場合は17時から20時に行いました。まず、最大値より低い強度でウォームアップを開始し、1分間に60~100回転を維持しつつ、負荷量50ワットで3分間継続、その後3分ごとに負荷量を25ワットずつ高めて、ガス交換比が1.0になった時点で5分休憩しました。脂肪燃焼の状態を示す最大脂肪酸化率MFO;g/分)はこの運動の間に測定しました。

 休憩終了後は、先ほどと同じウォームアップを行い、続けて、1分ごとに50ワットずつ負荷を高めて、限界になった時点で休憩しました。この運動の間に、人が体内に取り込むことのできる酸素量の1分間あたりの最大値を示す、最大酸素摂取量VO2max;mL/kg/分)を測定しました。VO2maxは持久力の指標として用いられています。

1/2 page

最後へ

次へ

BMI
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.