日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 話題の論文 拾い読み!  > 「がんばって運動した分だけ体重は減る」…はウソ?
印刷

話題の論文 拾い読み!

「がんばって運動した分だけ体重は減る」…はウソ?

激しい運動をするとエネルギー消費量は頭打ちに

 大西淳子=医学ジャーナリスト

運動すればするほどエネルギー消費が増えると思っていたら…。(©maridav-123rf)

 肥満を予防したり減量をするには、身体活動量を増やすことが大切といわれています。運動量を増やせば、それに比例してエネルギー消費量は増加するはず。ところが、運動が一定以上の激しさになると、エネルギー消費量はほとんど増えなくなることが、米ニューヨーク市立大学の研究で分かりました(論文はCurrent Biology誌2016年2月8日号に掲載)。

運動量が多くなると体が基礎代謝量を減らす?

 これまでに行われた研究の多くは、身体活動量とエネルギー消費量の間には正の相関がある、つまり、身体を使って活動すればするほどエネルギー消費量が増えることを示していました。ところが、一部には、運動量がより多い集団では、その運動量に見合った消費エネルギーの増加が見られないという報告もありました。

 そこで米ニューヨーク市立大学のHerman Pontzer氏らは、次のような仮説を立て、その真偽について検証することにしました。

仮説◆運動量が多くなると体がその状態に適応して、基礎代謝量を減らすため、エネルギー総消費量の伸びは頭打ちになる。

身体活動量が低い集団では、運動量と消費カロリーはよく相関

 この研究に協力したのは、米国、ガーナ共和国、ジャマイカ、セーシェル共和国、南アフリカ共和国に住む成人332人(25~45歳、55%が女性)です。これらの人々を対象に、1週間にわたって基礎代謝量、身体活動量、エネルギー消費量を測定し、それらの関係を調べました。測定に用いたのは、呼吸代謝測定装置(基礎代謝量)、3軸加速度センサー(身体活動量)、二重標識水法(エネルギー消費量)です。

 測定されたデータを、参加者の体格や体組成などの違いを考慮して調整し、分析を行ったところ、身体活動量が中等度までの人々では、エネルギー消費量は身体活動量と正の相関を示しました。身体活動量がより低い集団では、この傾向が特に強く見られました。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.