日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 話題の論文 拾い読み!  > 週1回の筋トレでも心筋梗塞・脳卒中の予防が期待できる
印刷

話題の論文 拾い読み!

週1回の筋トレでも心筋梗塞・脳卒中の予防が期待できる

有酸素運動の有無にかかわらず効果的

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 1週間に1~2回、計60分までのレジスタンス運動(筋力トレーニング)を行うと、心筋梗塞や脳卒中の発症リスクや死亡のリスクが下がる可能性があることが、米国で行われた研究で明らかになりました。

将来の寝たきり予防などに役立つ筋トレ。実は心筋梗塞や脳卒中の予防にも効果がありそう。(c)undrey-123RF

筋トレでも心筋梗塞や脳卒中のリスクは下がる?

 心筋梗塞脳卒中などの、心臓や血管に関わる病気(心血管疾患)は、先進国における主要な死亡原因になっており、リスクを低減するための有効な対策が求められています。これまで、有酸素運動については、心臓や血管に良い影響をもたらすことが分かっていましたが、レジスタンス運動(筋力トレーニング)については一貫した結果は得られていませんでした。

 そこで、中国華東師範大学のYanghui Liu氏らは、心血管疾患と死亡のリスクにレジスタンス運動が及ぼす影響を、有酸素運動とは切り離して分析することにしました。

レジスタンス運動
筋肉を増やすことを目的として、例えば大腿部や腹筋など、目指す筋肉に負荷(レジスタンス)をかける動作を繰り返し行う運動。筋力トレーニングとも呼ばれる。
有酸素運動
長時間続けて行うことが可能な軽度~中等度の運動。体内に酸素を取り入れて、エネルギーを消費させる。メタボリックシンドローム(メタボ)の改善や減量を目的とした人に適しており、ウォーキング、ジョギング、水泳、サイクリングなどが代表例。

 Liu氏らは、米国テキサス州Dallasのクリニックでボランティアを募集しました。登録された人々のほとんどが白人で、学歴は高く(80%超が大学卒業以上)、社会経済的地位は中~高レベルでした。これらの人々は、定期的に、心血管疾患の予防を目的とする健康診断と生活習慣(運動、栄養、ストレス管理など)に関するカウンセリングを受けました。

 1987年から2006年までに2回以上診察を受けており、登録時点で、心筋梗塞、脳卒中、がんの病歴がなかった1万2591人(18~89歳、平均年齢47歳、21%が女性)を分析対象としました。

 有酸素運動については、米国のガイドラインに従ったレベル(500MET-分/週以上、具体的には、中強度の有酸素運動を週に150分、または高強度の有酸素運動を週に75分以上)を実践しているかどうかを尋ねました(*1)。

 レジスタンス運動については、フリーウェイトトレーニング(ダンベルやバーベルなど器具を使ったトレーニング)、またはマシンを使ったウェイトトレーニングを1週間に何回、1回ごとに何分くらい行っているかを尋ねて、1週間の総運動時間を計算しました。レジスタンス運動の頻度に基づいて、「週に1回」、「週に2回」、「週に3回」、「週に4回以上」に分類し、さらに、1週間の総運動時間に基づいて、「0分」、「1~59分」、「60~119分」、「120分以上」に分けました。

*1  MET(またはMETs):身体活動の「強度」を表す単位で、安静時(座って安静にしている状態)を1METとし、それぞれの身体活動がその何倍の強度に相当するかを示す。普通歩行は3MET、ジョギングは7METに相当する。5METの運動を100分行うと500MET-分となる。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.