日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 話題の論文 拾い読み!  > ポリフェノール摂取量の多い人は死亡リスクが低い
印刷

話題の論文 拾い読み!

ポリフェノール摂取量の多い人は死亡リスクが低い

日本の約3万人を対象にした大規模疫学研究の結果

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 食事から摂取するポリフェノールの量が多い人ほど死亡リスクが低いことが、日本人を対象にした大規模研究で明らかになりました。

ポリフェノールはコーヒーや緑茶、ワイン、大豆、ココア、チョコレートなどさまざまな食品に含まれる。(C) pittaya wongsarattanasil-123RF
ポリフェノールはコーヒーや緑茶、ワイン、大豆、ココア、チョコレートなどさまざまな食品に含まれる。(C) pittaya wongsarattanasil-123RF

日本人のポリフェノール摂取量と死亡リスクの関係は?

 ポリフェノールは、ほとんどの植物に含まれる色素や苦味の成分の総称で、抗酸化作用、抗炎症作用、抗菌作用などを持ち、糖代謝と脂質代謝の制御や、血管の機能の制御などにも役割を果たすことが知られています。これまでの研究では、ポリフェノールの摂取が、心血管疾患(心筋梗塞や脳卒中など)や一部のがんなどのリスクを減らし、あらゆる原因による死亡(総死亡)のリスクも低下させる可能性が示されていました。

 ポリフェノールと一口に言っても、いろいろな種類があります。たとえば、ブルーベリーやワインに含まれるアントシアニン、緑茶に含まれるカテキン、大豆に含まれるイソフラボン、コーヒーに含まれるクロロゲン酸、チョコレートに含まれるカカオポリフェノールなどが、ポリフェノールに分類されます。

 これまでに行われた、ポリフェノールが健康に利益をもたらすことを示した研究は、その多くが特定のポリフェノールに注目していました。また、日本人や東洋人を対象に、あらゆるポリフェノールの総摂取量と死亡の関係を調べる研究は行われていませんでした。そこで、お茶の水女子大学の田口千恵氏らは、日本人の集団を追跡して、ポリフェノールの総摂取量と、その後の総死亡、心血管疾患による死亡、がんによる死亡、その他の原因による死亡の関係を検討することにしました。

ポリフェノール摂取量が最も多いグループで死亡リスクが7%低下

 分析対象としたのは、岐阜県高山市で行われている大規模疫学研究「高山スタディ」の参加者(*1)のうち、登録時点でがん、脳卒中、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症)にかかっておらず、必要なデータがそろっていた2万9079人(男性1万3355人と女性1万5724人)です。

 最初に、年齢や性別、喫煙習慣、運動習慣、病歴などを調査しました。同時に、過去1年間の食事の内容を、半定量的食物摂取頻度調査票を用いて調べ、そこからポリフェノールの総摂取量を推定しました。

 ポリフェノール総摂取量の平均は、1日当たり759mg(レンジは18~4176mg)でした。参加者全員を、ポリフェノールの総摂取量が少ない人から多い人まで順番に並べて、4つのグループに分けました。摂取量が最も少なかった集団(Q1群)の総摂取量の平均は501.9mg/日未満で、少ないほうから2番目の集団(Q2群)では501.9~705.7mg/日、多いほうから2番目の集団(Q3群)は705.7~951.6mg/日、最も多かった集団(Q4群)は951.6mg/日超でした。Q1群とQ4群の摂取量の差は、主に、コーヒーや緑茶などの飲物の摂取量の差に由来していました。

*1 1992年に岐阜県高山市に住んでいた35歳以上の男女3万1552人。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ初割春割キャンペーン2022

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.