日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 話題の論文 拾い読み!  > EPA、DHAをとりすぎると心房細動リスクが上昇する恐れ
印刷

話題の論文 拾い読み!

EPA、DHAをとりすぎると心房細動リスクが上昇する恐れ

オメガ3脂肪酸は動脈硬化を減らすが心房細動を増やす?

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 青魚などに多く含まれる、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などのオメガ3脂肪酸を食事以外から1年以上にわたって摂取すると、不整脈の一種である心房細動のリスクが用量依存的に上昇することが、スイスの研究者らが行った検討(*1)で示唆されました。

動脈硬化の予防に役立つと考えられているオメガ3脂肪酸をとりすぎると、心房細動のリスクが上昇?(写真=PIXTA)
動脈硬化の予防に役立つと考えられているオメガ3脂肪酸をとりすぎると、心房細動のリスクが上昇?(写真=PIXTA)

オメガ3脂肪酸は動脈硬化を減らすが心房細動を増やす?

 オメガ3脂肪酸を積極的に摂取すると、動脈硬化(アテローム性動脈硬化症)のリスクが下がる可能性があることが知られており、DHAやEPAを含むサプリメントも数多く販売されています。一方で、オメガ3脂肪酸の摂取と心房細動のリスクを検討した研究の中には、リスクの上昇を示したものと、リスク上昇はなかったとしているものの両方がありました。

 今回、スイスのジュネーブ大学などの研究者たちは、同様の研究が異なる結果を得ている理由として、オメガ3脂肪酸の投与量が関係しているのではないかと考えました。そこで、より新しい無作為化試験のデータを集めて、オメガ3脂肪酸の投与量に基づいて参加者を層別化し、心房細動との関係を検討することにしました。

 文献データベースから、2012年1月1日から2020年12月31日までの期間に報告されていた二重盲検法(*2)の無作為化試験のうち、500人以上を対象に、一方を魚介類由来のオメガ3脂肪酸(DHA、EPA、またはエイコサペンタエン酸エチルエステル;介入群)に、もう一方をオリーブオイルやコーンオイルなどの植物性油脂(対照群)に割り付けて1年以上追跡していた研究を抽出しました。

 7件の試験が条件を満たしました。登録者の合計は8万1210人(平均年齢65歳、39%が女性)でした。このうち72.6%が参加していた試験では、介入群に対するオメガ3脂肪酸の投与量が低用量(1日1g以下)で、残る27.4%が参加した試験では高用量(1日1g超)でした。追跡期間の平均は4.9年で、その間に2905人(3.6%)が心房細動を経験していました。うち2258人(77.8%)が低用量の試験の参加者、647人(22.2%)は高用量の試験の参加者でした。

オメガ3脂肪酸を投与したグループの心房細動リスクは1.25倍

 7件の試験のデータを合わせて分析したところ、オメガ3脂肪酸の摂取は心房細動リスクの有意な上昇と関係しており、対照群に比べ、オメガ3脂肪酸を投与した介入群の心房細動リスクは1.25倍になっていました。

*1 Gencer B, et al. Circulation. 2021 Dec 21;144(25):1981-1990.
*2 二重盲検法:被検者も投与者も、どちらのグループにどちらの薬を投与しているかが分からない状態で行う臨床試験のこと。ダブルブラインド。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.