日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 話題の論文 拾い読み!  > 健康的な食事をとる男性は、EDになるリスクも低い
印刷

話題の論文 拾い読み!

健康的な食事をとる男性は、EDになるリスクも低い

約2万人の米国人男性を10年追跡、リスクは最大で22%低下

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 食事の内容が健康的である人ほど、その後のED(勃起障害)の発症リスクが低いことが、約2万人の米国人男性を対象とした研究で示されました。

健康的な食事は、動脈硬化だけでなくEDの予防にもつながる?(C)perig76-123RF
健康的な食事は、動脈硬化だけでなくEDの予防にもつながる?(C)perig76-123RF

EDは心筋梗塞や脳梗塞の前触れになりやすい

 若い世代のEDの多くは精神的な理由によって起こりますが、中年期以降のEDは、血管が硬く、もろくなる「動脈硬化」の進行によって発生する場合が多く、EDが前触れとなって、その後に心筋梗塞や脳梗塞を起こす可能性があります。

 EDの危険因子の中で、本人の努力または医療の介入によって修正可能なものとしては、喫煙、肥満、座っている時間が長い、糖尿病、高血圧、脂質異常症、メタボリックシンドロームなどが挙げられます。それらの多くは、心筋梗塞や脳梗塞などの心血管疾患の危険因子としても知られています。実際に、EDを発症した患者は、その後心血管疾患を発症するリスクが高いため、共通する危険因子を改善すれば、どちらの発症も回避できる可能性があります。

 現在、心血管疾患のリスクが高い人々には、食生活を改善するよう指導が行われます。では、その指導に従うと、EDのリスクも下がるのでしょうか。その疑問の答えを得るため、米カリフォルニア大学などの研究者たちは、中年期以降の男性が摂取している食事の質とその後のED発症の関係を調べることにしました。

 対象としたのは、Health Professionals Follow-up Studyという観察研究に1986年から参加している、米国の男性医療従事者です。1998年までに死亡した男性や、1998年の段階でEDだった男性、また、心筋梗塞、糖尿病、脳卒中、泌尿生殖器のがん(前立腺がん、膀胱がん、精巣がんなど)の診断を受けていた男性などを除外し、年齢が40歳から75歳までだった2万1469人を、1998年から2014年1月1日まで追跡しました。

 食物摂取頻度調査は1986年から4年ごとに行い、健康的な食事のパターンの順守度を、地中海食スコア(MDS)と、代替健康食指数2010(AHEI-2010)という2通りの指標を用いて評価しました。どちらのスコアも、高いほど健康的な食事をとっていることを意味します。

 MDSスコアでは、1人1人の「野菜」、「豆類」、「果物とナッツ」、「穀類」、「魚貝類」の摂取量と「飽和脂肪酸に対する多価不飽和脂肪酸の比」を調べ、対象となった集団の中央値より高ければそれぞれ1ポイントとしました。一方で、「赤身肉」、「加工肉」の摂取量については、中央値より低ければそれぞれ1ポイントとし、「アルコール摂取量」は、10~50g/日の範囲なら1ポイントとして、スコアを合計しました。スコアの合計が0~3ならその人の地中海食順守度は「低」、4~5なら「中」、6~9であれは「高」としました。

 AHEI-2010では、11の食品群ごとに、摂取量に応じて0から10の範囲でスコアを決定しました。具体的には、「果物」、「野菜」、「全粒穀物」、「ナッツと豆」、「多価不飽和脂肪酸」、「オメガ3脂肪酸」は、摂取量が多いほどスコアが高くなり、「アルコール」については摂取量が適度(0.5~2ドリンク/日、*1)である場合にスコアは最高になり、「赤身肉と加工肉」、「加糖飲料」、「トランス脂肪酸」、「塩分」の摂取は、少ないほどスコアは高くなります。11アイテムのスコアの合計(0~110)に基づいて、対象者を5等分しました。

 勃起能力に関する質問は「治療なしで性行為に必要な状態を維持できるかどうか」とし、「大いに困難」、「困難」、「微妙」、「可能」、「大いに可能」の中から回答を選択するよう依頼しました。2000年の初回の調査では過去の状態を思い出して回答するよう依頼し、2004年、2008年、2012年には現状を尋ねました。前回の調査の回答が「可能」または「大いに可能」だった人が、次の調査で「困難」または「大いに困難」と回答した場合に、ED発症と判断しました。

*1 米国では1ドリンク=14gの純アルコール(ビール小瓶1本程度)

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニングNEW

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.