日経グッデイ

話題の論文 拾い読み!

風邪の咳に確実に効く市販薬はない

米国の専門家委員会が結論

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 風邪をひいて咳が出始めると、長引くのではないかと心配になります。咳が続くと生活全般に悪影響が及ぶため、咳を鎮めるための市販品(咳止め薬やドロップなど)を買い求める人が少なくありません。しかし、米国の咳治療の専門家たちが検討したところ、市販品の中に咳に確実に効くものはないことが明らかになりました。

風邪の咳に苦しむ6500人のデータを検討

咳はつらい、早く治したいと思うものですが…。(C)Leung Cho Pan-123rf

 米Creighton大学のMark A. Malesker氏らによって構成された専門家委員会は、現在米国で使用可能な薬とそれ以外の治療法(民間療法)について、咳の症状の継続期間を短縮することを示す質の高いデータ、または、重症度を軽減することを示す質の高いデータがあるかどうかを検討しました。目的は、2006年に米国で発表された、風邪関連の咳の管理に関するガイドラインの改訂に向け、最新情報を得ることにありました。

 専門家委員会は、風邪関連の咳に苦しむ患者を対象に、各種治療法の有効性と安全性を調べた無作為化試験(*1)の中から、条件を満たすものを選出し、各治療法の効果を比較しました。

 条件を満たした試験には、成人・小児を合わせて約6500人の患者のデータが含まれていました。評価対象となった薬剤は、咳止め薬、抗ヒスタミン薬、去痰薬(痰を出しやすくする薬)、非ステロイド性抗炎症薬(アスピリン、イブプロフェン、ロキソプロフェンなど)、アセトアミノフェンなどで、薬剤ではないものの咳に効くとして利用されている治療には、鼻洗浄、胸に塗るメントール入り咳止め、咳止めドロップ、はちみつ、アガベシロップ、チキンスープなどがありました。

 どの研究も小規模で、いろいろな面に偏りが認められたため、同様の研究のデータをまとめて分析することは多くの場合不可能でしたが、委員会は、現在利用可能な最善のデータに基づいて、以下のような判断を下しました。

*1 無作為化試験:参加者を条件の異なる複数のグループにランダムに割り付けて、その後の経過を比較する臨床試験のこと。無作為化比較試験、ランダム化比較試験ともいう。

1

成人と小児の風邪関連の咳に対する、市販の咳止め薬や風邪薬、去痰薬、抗ヒスタミン薬などには、使用すると症状が軽減する、または消失することを示す確かなデータがない。よって、これらの薬の咳症状に対する使用は推奨しない

2

成人の風邪関連の咳に対する、非ステロイド性抗炎症薬の使用は、有効性を示す確かなデータはないため推奨しない

3

1~18歳の患者の場合、はちみつは、「治療なし」、「ジフェンヒドラミン」(日本で市販されている一部のこども用咳止め薬に含まれている成分)、「偽薬(プラセボ)」に比べ、症状継続期間の短縮に役立つ可能性がある


4

18歳未満の患者は、コデインを含む咳止め薬や風邪薬を使用しない。これは、呼吸困難を含む重篤な有害事象が発生する可能性があるため。


 なお、3について同委員会は、「はちみつは1歳未満の乳児には与えるべきではない」と注意を促しており、日本の厚生労働省も同様の呼びかけを行っています(1歳未満の乳児がはちみつを食べると乳児ボツリヌス症にかかることがあるため)。

 また、4について日本では現在、12歳未満にはコデインを使用しないよう注意喚起していますが、コデイン類であるジヒドロコデインリン酸塩を含む小児用咳止め薬は市販されています。これら、コデインを含む薬剤について厚生労働省は、2019年から添付文書の「禁忌」の項目に「12歳未満」を加えることを製薬会社に求めています(関連記事「せき止め成分『コデイン』、12歳未満への処方制限 厚労省」)。

 詳しい結果は、CHEST誌2017年11月号に掲載されています(*2)。

*2 Malesker MA, et al. Chest. 2017 Nov;152(5):1021-1037. doi: 10.1016/j.chest.2017.08.009. Epub 2017 Aug 22.
大西淳子(おおにしじゅんこ)
医学ジャーナリスト
大西淳子(おおにしじゅんこ) 筑波大学(第二学群・生物学類・医生物学専攻)卒、同大学大学院博士課程(生物科学研究科・生物物理化学専攻)修了。理学博士。公益財団法人エイズ予防財団のリサーチ・レジデントを経てフリーライター、現在に至る。研究者や医療従事者向けの専門的な記事から、科学や健康に関する一般向けの読み物まで、幅広く執筆。