日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > 「繊細な指使い、豊かな顔の表情」を実現できるワケ  > 2ページ
印刷

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

「繊細な指使い、豊かな顔の表情」を実現できるワケ

第19回 「大きな力」「細かな動き」を運動単位の大小でコントロール

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

ふくらはぎの運動単位は、手のひらの20倍以上

 ヒトの場合、顔の筋肉の中の運動単位は小さく、数がたくさん含まれています。それによって目や口の微妙な動きや難しい発音が可能になっているわけです。役者は顔の筋肉をトレーニングすることで、いろいろな表情をつくれるようになります。それも数多くの運動単位があるからこそ。もし大きな運動単位が少数しかなかったとしたら、魅力的な笑顔をつくることも難しくなりますし、円滑なコミュニケーションをする上でもいろいろな問題が生じてくるでしょう。

 手の指を動かす前腕の筋肉なども運動単位が小さく、たくさんあります。5本の指を巧みに使った細かく多彩な作業ができるのは、その仕組みのおかげです。

 小さな運動単位は微細な運動をつくり出すので、そのための指令もたくさん送る必要があります。当然、脳の中の神経の数も多くなければいけません。ヒトの場合、大脳の頭頂からこめかみ付近にかけて走っている「一次運動野」が運動をコントロールしていますが、そのなかの顔や手の指の筋肉をつかさどる面積は非常に広くなっていて、神経細胞もたくさんあります。そして、それに対応している運動単位もたくさんあるという関係が成り立っているわけです。

 それに対し、立ち上がったり、走ったり、ジャンプしたりするための脚部の筋肉などは、ドーンという大きな力を出すことは重要ですが、基本的に細かい作業を必要としていません。大きな力を一気に出すためには、いくつもある神経が同期して活動しないといけないので、多少おおざっぱであったとしても大きな運動単位が少数あるほうが都合がいい。

 ということで、お尻、太もも、ふくらはぎなどの筋肉の運動単位はサイズが大きくなっています。また、運動野の領域も、顔や手のものと比べるとかなり狭くなっています。

 具体的に、部位によって運動単位の大きさはどのくらい違うのかというと、例えば手のひらにある筋肉(虫様筋)の神経支配比は70~90くらいといわれています。つまり、1個の運動神経が70~90回ほど枝分かれして、70~90本の筋線維につながっています。一方、ふくらはぎの腓腹筋の場合、1個の運動神経が2000もの筋線維を支配しているという報告がされています。手のひらとふくらはぎでは、20倍以上も運動単位の大きさが違うということですね。

筋線維の特性と運動単位のサイズとの関係

 もう1つ、運動単位の大きさを決める要素として、筋線維の特性があります。

 筋線維は、大きく速筋線維と遅筋線維(詳しくは別の回で説明します)とに分けられますが、基本的に速筋線維は大きな運動単位をつくります。神経細胞そのもののサイズが大きく、枝分かれも多く、たくさんの筋線維につながっているのです。一方、遅筋線維にはどちらかというと小さな運動単位をつくるという特徴があります。

 速筋線維はドーンという大きな力を出すのが本来の役割なので、支配する側も大きな力を発揮する仕組みになっています。遅筋線維は大きな力というよりは、姿勢を維持したり細かい作業をすることに使われる場合が多いので、運動単位も小さくなっているということでしょう。

ヒトの身体は部位によって
適切なサイズの運動単位が配置されている。


(構成:本島燈家)

石井直方(いしい なおかた)さん
東京大学教授
石井直方さん 1955年、東京都出身。東京大学理学部卒業。同大学大学院博士課程修了。東京大学教授(運動生理学、トレーニング科学)。理学博士。力学的環境に対する骨格筋の適応のメカニズム、及びその応用としてのレジスタンストレーニングの方法論、健康や老化防止などについて研究している。日本随一の筋肉博士としてテレビ番組や雑誌でも活躍。著書は『筋肉まるわかり大事典』『トレーニング・メソッド』(ともに小社刊)、『一生太らない体のつくり方』(エクスナレッジ)など多数。
“筋肉博士”石井直方先生の連載が1冊になって好評発売中!
『石井直方の筋肉の科学』
B5判、140ページ、1500円+税 発行/ベースボール・マガジン社

 日経Goodayのサイトでご紹介している「“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学」の連載が本になりました。

 筋肉の基本的な仕組みから、理想的なトレーニング方法まで、専門的に解説。

 全国の書店、またはベースボール・マガジン社サイトでお買いお求めください。

こちらからでもご購入いただけます
ベースボール・マガジン社 商品検索&販売サイト


この記事は、ベースボール・マガジン社「コーチング・クリニック」からの転載です。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.