日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > 「繊細な指使い、豊かな顔の表情」を実現できるワケ
印刷

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

「繊細な指使い、豊かな顔の表情」を実現できるワケ

第19回 「大きな力」「細かな動き」を運動単位の大小でコントロール

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

“筋肉博士”石井直方先生(東京大学教授)が、筋肉のメカニズムや機能を毎回わかりやすく解説していきます。今回は、前回紹介した「運動単位」を詳しく見ていきましょう。人間の身体は、いろいろな部位で運動単位が異なります。顔や前腕の筋肉は、微細な運動を実現するために運動単位は小さくなっています。一方、太ももやふくらはぎは、大きな力を出すために運動単位は大きくなっています。

目的によって運動単位のサイズは変わる

 運動神経とそれが直接支配する筋線維の集団をまとめたものが「運動単位」。そして、神経細胞が小さく、そこに含まれる筋線維の数が少ないものを「小さな運動単位」、神経細胞が大きく、たくさんの筋線維を含むものを「大きな運動単位」と呼ぶ—。このことは前回説明しました。筋肉の活動は、すべてこの大小の運動単位によって行われています。

 では、身体のいろいろな部位において、運動単位のサイズはどう変わってくるのでしょうか。

 仮に、小さな筋肉に大きな運動単位が詰まっていると考えてみましょう。1つ1つのサイズが大きいということは、必然的に運動単位の数は少なくなります。すなわち、筋肉を動かす指令系統が少ないということ。極端ないい方をすると、運動単位が10個しかなかったとしたら、その筋肉が発揮できる筋力のパターンは10通りしかないということになります。そうなると、高度なスポーツ動作はもちろんのこと、日常生活にも支障を来しそうですね。

 ですから、微妙な力を制御しながら細かい作業をしようという筋肉の場合には、運動単位は小さくて、たくさんあったほうがいい。小さな部隊がたくさんある軍隊のほうが、1つ1つの攻撃力は小さいかもしれないけれども、さまざまな作戦を遂行できるということになります。

 逆に、大きな運動単位が少数あるという場合も、それはそれで利点があります。その筋肉は微妙な動きは苦手ということになりますが、その代わり、一気呵成(かせい)に大きな力を出す必要のあるときに指令系統が単純ですむ。軍隊に例えると、部隊の数は少ないけれども大きな攻撃力を有しているようなもの、といえるでしょう。

 つまり、目的によって運動単位のサイズは変わってくるのが当たり前。実際、ヒトの身体は部位によって適切なサイズの運動単位が配置されています。

顔の表情筋は運動単位が小さく、数が多い。だからこそ目や口の微妙な動きや難しい発音が可能になる。(©Antonio Guillem-123rf)

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

  • 「股関節」は全身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

    自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.