日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > 下手なトレーニングが逆効果になるワケ

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

下手なトレーニングが逆効果になるワケ

第41回 トレーニング動作の学習効果の注意点

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

“筋肉博士”石井直方先生(東京大学教授)が、筋肉のメカニズムや機能を毎回わかりやすく解説していきます。今回は、前回紹介したトレーニング動作の「学習効果」の注意点を見ていきます。筋トレは、何も考えずやみくもにすればいいわけではありません。筋トレをして、かえってパフォーマンスを落としてしまうことがあります。これは、そのスポーツの動作のために必要な“筋肉の使い方”を考慮せずにトレーニングを行ったためです。下手なトレーニングは、かえって逆効果になる可能性があるのです。

長距離選手はスプリンターよりレッグエクステンションがうまい

 前回トレーニング動作の学習効果について説明しました。ウェイトリフターが、ボディビルダーよりスクワットの数値が高いという実験結果が出たことについて、ウェイトリフターのほうがスクワット動作がうまいから、という分析をお伝えしましたね。

 もう1つ、セールというカナダの研究者が報告したもので、陸上競技のスプリンターと長距離選手にレッグエクステンション(膝の伸展筋力)をさせた実験があります。スプリンターのほうが筋肉の量でも横断面積でも勝っていますし、普段から大きな筋力やパワーを出すようなトレーニングをしていますから、普通に考えるとレッグエクステンションで発揮される力も圧倒的に強いはずです。ところが、実際はそうではなかった。見た目の割に、筋力にはそれほど差がないことがわかりました。

図 長距離走者とスプリンターにおける 膝伸展時の筋活動パターンの違いの模式図
筋電図から膝伸筋、膝屈筋のそれぞれの活動レベルを推定すると、膝屈筋の活動が長距離走者では低く抑えられているのに対し、スプリンターではかなり高い。(sale、1992 をもとに作図)
[画像のクリックで拡大表示]

 なぜそうなるのかを調べてみたところ、スプリンターがレッグエクステンションをするときには、ハムストリングスが比較的強く共収縮してしまうということが判明しました(右図)。つまり、大腿四頭筋が膝を伸ばそうとすると、ハムストリングスは逆に膝を曲げる方向に力を出してしまうのです。力が相殺されてしまうので、レッグエクステンションの測定上の筋力は弱いということになるわけですね。

 一方、長距離選手がレッグエクステンションを行うときは、大腿四頭筋が働いてもハムストリングスがあまり共収縮しません。これも前述のウェイトリフターとボディビルダーの例と同じで、平たいいい方をすると「長距離選手のほうがスプリンターよりレッグエクステンションがうまい」ということになります。

1/3 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.