日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > 「身の危険」を感じたとき瞬時に反応するメカニズム
印刷

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

「身の危険」を感じたとき瞬時に反応するメカニズム

第18回 筋肉を動かす2つの指令伝達経路

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

“筋肉博士”石井直方先生(東京大学教授)が、筋肉のメカニズムや機能を毎回わかりやすく解説していきます。今回は、筋肉という組織が身体の中に組み込まれたとき、どう動くかについて。筋肉を動かすための指令の伝達経路は、大きく分けて2つあります。1つは「随意筋収縮」、もう1つは「反射」です。

筋肉を操るための仕組み

 前回までは、主に筋肉そのものの構造や特性、筋肉が力を発揮する仕組みなどを説明してきました。今回からのテーマは、その筋肉という組織が身体の中に組み込まれたときにどう働くか。筋肉を操る仕組みについてのお話です。

 筋肉を動かすための指令の伝達経路は、大きく分けて2つあります。1つは「随意筋収縮」。これは大脳の運動野という部分から筋肉に指令が行く、オーソドックスな経路です。もう1つは「反射」。これは意識が関与せずに、神経と筋肉だけで筋肉が自動的に働くシステムです。

 いずれにしても筋線維は必ず神経とつながっていて、それを伝わって指令が届くことにより動きます。ただし、1本の神経が1個の筋線維とつながっているわけではありません。神経は脊髄の中の前角という場所にある神経細胞から突起を伸ばし(これを「神経線維」、または「軸索」といいます。また神経と神経との結合部を「シナプス」といいます)、この軸索がいくつにも枝分かれしながら、それぞれが筋線維まで伸びていきます。そして複数の筋線維につながり、支配しています。この筋線維を直接支配している神経のことを「運動神経」(運動ニューロン)といいます。

 1つの運動神経と、それが支配する筋線維の集団をまとめて「運動単位」(モーターユニット)といいます。なぜ運動単位と呼ぶかというと、大もとにある神経細胞が活動し、神経線維に沿って指令を送ると、そこにつながっている筋線維が全部同じように収縮するからです。ひとたび指令が届いたら、ある筋線維は動いていて、ある筋細胞はサボっているということはありません。1つの運動単位に所属している筋線維は、等しく活動します。どんなときも1つの単位として働くので、運動単位なのです。

 筋肉の中には、その運動単位がたくさんあり、それぞれが神経からの指令を受け取ることによっていろいろな動きが可能になります。「運動神経がいい」というのは、正確にこの運動神経のことをいっているわけではありませんが、運動神経が筋肉の動きや動作を直接操っているのは事実です。

図 運動単位の構造
[画像のクリックで拡大表示]

運動単位のサイズによって発揮される力も変わる

 続いては、運動単位の大きさの話です。運動神経は複数の筋線維を支配していると述べましたが、その数はどのくらいなのでしょうか。

 運動単位にはさまざまなサイズがあることがわかっています。小さなものは数十本、大きなものになると2000 本以上の筋線維を支配しているといわれています。

 1個の神経細胞が支配する筋線維の数のことを、「神経支配比」といいます。神経支配比が小さなもの、つまり含まれる筋線維の数が少ないものを「小さな運動単位」、たくさんの筋線維を含む大きな集団を支配しているものを「大きな運動単位」と呼びます。大きな運動単位が活動すれば大きな力が出ます。それと比較して小さな運動単位は、小さな力しか発揮できません。

 軍隊に例えると、神経細胞が司令部のようなもの。その号令が運動神経によって伝えられ、すべての隊員が同じように活動する。そして、その隊の大きさ(隊員の数)によって、発揮される力も変わってくるわけです。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ初割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.