日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > タンパク質の摂取を増やせば増やすほど、筋肉が増えるわけではない!  > 2ページ目
印刷

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

タンパク質の摂取を増やせば増やすほど、筋肉が増えるわけではない!

第63回 解明されつつある最新知識

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

試合前に低酸素室に入るとパフォーマンスが上がる?

 高酸素環境以上に、低酸素環境でのトレーニングに関するデータは数多く発表されています。たとえば富士登山をする際に高山病になってしまう人がいますが、私の研究室で調べたところ、5合目で2時間ほど過ごし、それから再び登りはじめると、高山病にかかりにくくなることわかりました。これは低酸素環境に対する“慣れ”が原因と考えられます。

 この実験から、持久的な競技を行う際の戦略も見えてきます。持久力を高めるために、あらかじめ低酸素室でトレーニングをする必要はなく、試合前に低酸素室に何時間か入っているだけでパフォーマンスが上がる可能性があるのです。真偽はまだ解明されていませんが、そうした応用のアイデアが挙がってきているのは事実です。

 このように、可能な範囲で体の中の環境をコントロールすることが、運動のパフォーマンスに結びつくことは間違いないと思います。ただ、それは不公平ではないかという議論も一方にはあります。オリンピックなどの会場に低酸素室を持ちこめる国と、そうでない国では決定的な差が出てきてしまう可能性があるからです。

 低酸素室に限らず、高所トレーニング、高酸素カプセルといったテクニックも競技力を高めるための“物理的な手段”ということで、すべてドーピングにするべきという考え方も出てきています。今後も、この議論は続いていくでしょう。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈NEW

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.