日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > 「上り」より「下り」の坂で筋肉痛になる理由~伸張性領域で起こること(2)  > 2ページ目
印刷

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

「上り」より「下り」の坂で筋肉痛になる理由~伸張性領域で起こること(2)

第16回 力のコントロールは動員する筋線維の比率で決まる

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

 負荷を下ろすときに30%しか筋線維を使っていない場合、筋肉全体にとっては大した労力ではないかもしれませんが、実際に仕事を担当している30%の筋線維は持っている力をフルに発揮しているはずなので、これは“過大な負荷”ということになります。

 働いている筋線維にとっては、下ろすスピードが速いか遅いかはあまり関係がない。負荷が軽いか重いかも同様です。負荷が軽くなれば、筋肉全体としては楽になっているように感じますが、ブレーキをかけながら必死に頑張っている筋線維には最大筋力を超える負荷がかかり、無理やり引き伸ばされるという、非常に大きな力学的刺激が加わっています。我々はあまり意識することがありませんが、筋線維単位で見た場合と、筋肉全体で見た場合とでは、ずいぶん状況が違うわけですね。

筋肉全体は活動していても 間引かれた筋線維は休んでいる

 筋線維が間引かれているということは、働いていない筋線維もあることになります。休んでいるときの筋線維の力発揮はゼロ。筋肉全体は活動していても、その中にある個々の筋線維の活動レベルは0か1という、デジタル的なシステムになっています(細かく見ると、アナログ的な周波数によって筋肉の活動はコントロールされている面もありますが、大まかには0か1といっていいでしょう)。

 わかりやすくするために、運動会の綱引きに例えてみましょう。Aチーム50人とBチーム50人が力を出し合って拮抗している状態が等尺性収縮(全員が同じ力を発揮すると仮定した場合)。Aチームが40人に減ってしまうと、当然Bチームは綱を自軍の陣地に引き込むことができます。このときのBチームが短縮性収縮ということになります。

 一方、40人になってしまったAチームは、力を出していながらもズルズルと引っ張られてしまいます。さらに、それが30人に減ってしまうと、個々はそれまでと全く同じ力を発揮していても、もっと速いスピードでどんどん引っ張られてしまう。このような数の調整が筋肉の中では行われている、ということです。

 上り坂よりも下り坂のほうが筋肉痛が起きやすいのも、このメカニズムに起因しています。坂を下るという程度の負荷は筋肉全体にとっては決して大きくはありませんが、筋線維が間引かれた状態での伸張性収縮を繰り返しているために、動員されている一部の筋線維にとってはかなり過酷な労働が課せられているということになり、ダメージも大きくなるわけです。

 ただ、現在のところ、間引かれる筋線維がどのような基準で選ばれ、どのように使い分けられているのかはわかりません。一部の筋線維が弱ってきたら、それらを休ませて別の筋線維にバトンタッチするという仕組みも考えられますが、そのあたりについては今後の研究を待つ必要があります。

(構成:本島燈家)

石井直方(いしい なおかた)さん
東京大学教授
石井直方さん 1955年、東京都出身。東京大学理学部卒業。同大学大学院博士課程修了。東京大学教授(運動生理学、トレーニング科学)。理学博士。力学的環境に対する骨格筋の適応のメカニズム、及びその応用としてのレジスタンストレーニングの方法論、健康や老化防止などについて研究している。日本随一の筋肉博士としてテレビ番組や雑誌でも活躍。著書は『筋肉まるわかり大事典』『トレーニング・メソッド』(ともに小社刊)、『一生太らない体のつくり方』(エクスナレッジ)など多数。
“筋肉博士”石井直方先生の連載が1冊になって好評発売中!
『石井直方の筋肉の科学』
B5判、140ページ、1500円+税 発行/ベースボール・マガジン社

 日経Goodayのサイトでご紹介している「“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学」の連載が本になりました。

 筋肉の基本的な仕組みから、理想的なトレーニング方法まで、専門的に解説。

 全国の書店、またはベースボール・マガジン社サイトでお買いお求めください。

こちらからでもご購入いただけます
ベースボール・マガジン社 商品検索&販売サイト


この記事は、ベースボール・マガジン社「コーチング・クリニック」からの転載です。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.