日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > 「上り」より「下り」の坂で筋肉痛になる理由~伸張性領域で起こること(2)
印刷

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

「上り」より「下り」の坂で筋肉痛になる理由~伸張性領域で起こること(2)

第16回 力のコントロールは動員する筋線維の比率で決まる

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

“筋肉博士”石井直方先生(東京大学教授)が、筋肉のメカニズムや機能を毎回わかりやすく解説していきます。今回は、筋肉を構成する筋線維が、負荷に応じてどのように間引かれていくのかについて考察します。スロートレーニングが、筋肉に効く理由も納得です。

負荷をゆっくり持ち上げるときに 筋肉の中で起こっていること

 前回(参照記事:「筋肉にリミッターがかかる仕組み~伸張性領域で起こること」 )は、筋肉に過大な負荷がかかった状況(伸張性収縮)での力発揮について説明しました。今回はその続きです。

 過大な負荷とは、等尺性最大筋力を超える負荷で引っ張られるということ。そういうと、力を出している筋肉をさらに無理やり引っ張る、とてつもない重いバーベルをゆっくり下ろす…といった特殊な条件を思い浮かべてしまうかもしれません。しかし筋線維レベルでは、普通にバーベルやダンベルを上げたり下ろしたりしているときにも、常に同じことが起こっています。

 等尺性最大筋力よりも軽い負荷であれば、筋肉が短縮性収縮をすることによって、その負荷は持ち上がります。しかも、持ち上げる速度はコントロールが可能です。例えば、等尺性最大筋力に対して50%程度のバーベルであれば、100%の力を使うことでかなりのスピードで持ち上げることができます。

 では、その50%のバーベルをあえてゆっくり持ち上げようとした場合は、身体の中でどのようなことが起こっているのでしょうか。

 実は、筋線維の動員の仕方に変更が加えられています。1本1本の筋線維が力を抜くのではなく、使用する筋線維の数を減らすことによって発揮される力がコントロールされているのです。動員する筋線維を100%の状態から70%に減らせば、筋線維1本にかかる相対的な荷重は大きくなるので、その分ゆっくりしたスピードで負荷が上がっていくということになるわけです。その際、個々の筋線維にかかる負荷は、均等に配分されていると考えられます。

運動を起こす仕組みを筋肉全体ではなく、それを構成する筋線維の単位でみると、負荷やスピードによって働きを上手く間引きながら力が調整されていることがわかる。(©Luca Bertolli 123rf)

筋肉全体と筋線維単位とでは状況が大きく違う

 負荷を下ろす際も、基本的には同じことが起こっています。等尺性最大筋力の50%の負荷に対して、100%の筋力を使うと持ち上がってしまいます。そうならないように、下ろしたいスピードに合わせて筋線維を間引くという作業が行われます。50%の筋線維を使えば負荷の動きが止まり、それより少ない筋線維になると負荷は下がっていきます。

 ゆっくり下ろすほうがより大きな力が必要になるので、同じ負荷なら動員される筋線維の数が少ないほど下ろすスピードは速くなり、筋線維の数が多くなるほどゆっくり下ろせるということになります。頭の中で下ろすスピードが決められたところで、自動的に筋線維の間引き方が決まるのです。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.