日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > 筋肉にリミッターがかかる仕組み~伸張性領域で起こること
印刷

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

筋肉にリミッターがかかる仕組み~伸張性領域で起こること

第15回 「頑張れる人」ほど要注意、腱断裂などのケガの危険性も

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

“筋肉博士”石井直方先生(東京大学教授)が、筋肉のメカニズムや機能を毎回わかりやすく解説していきます。今回は、筋肉の力を制御するリミッターの仕組みについて。筋肉の出力方法は様々にありますが、運動の違いのほか、体のパーツによって、リミッターのかかりが早い筋肉、遅い筋肉があるといいます。

伸張性収縮のとき、筋線維は2倍もの力を発揮できる

 前回までの内容は、等尺性収縮と短縮性収縮という条件下でのパワー発揮についての話でした。

 しかし、ご存じのように実際の運動はこれらの条件だけで起こるのではありません。筋肉が力を出しながら、より大きな力で引き伸ばされている状態―伸張性収縮もあるわけです。

 今回は、その状態のときに何が起こるのかを説明しましょう。

 筋収縮については、1本の筋線維と、筋肉全体それぞれについて考えていく必要がありますが、まずはわかりやすい筋線維のほうから考えていきましょう。

 等尺性最大張力以上の力をかけると、外力に負けてずるずると引き伸ばされます。力-速度関係をグラフで表すと、下図のようになります。

図: 過大な負荷のもとで筋が伸張される場合(伸張性領域)を含む力-速度関係の模式図

 速度がマイナスになっているところが伸張性収縮ですね。ただ、引き伸ばされてはいるのですが、実際に筋線維が出している力そのものは、外力に比例して大きくなっていきます。収縮中の筋肉を外から強制的に引っ張ると、筋線維はものすごく大きな力を出すことになるのです。

 具体的にいうと、等尺性最大筋力の1.8~2倍ほどの力を出しながら伸張される。そして、ある程度までは耐えながら引っ張られていくのですが、ある一線を超えたところでストンと急激にギブアップするということになるのです。

 なぜ、等尺性最大筋力の2倍もの力を出せるのかというと、これは筋肉が収縮するときの分子レベルでの収縮機構に依存しています。アクチンとミオシンという分子の相互作用にある特徴があるために起こるのですが、それについては回を改めて解説したいと思います。

筋肉全体になると、もっと早く限界が訪れる

 では、1本の筋線維ではなく、筋肉全体ではどうなるでしょうか。

 筋肉は筋線維の集合体ですから、基本的には同じことが起こります。強制的に引っ張られるような条件下では、筋肉は大きな力を出しつつ、動きにブレーキをかけるようにしながら引き伸ばされていく。そしてポテンシャルとしては、やはり等尺性最大筋力の約2倍のところまで力が出せると考えられます。

 ところが、いざ実験をしてみると、そこまでの強い力を発揮することはできません。なぜでしょう。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.