日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > 自分の“筋力の全貌”を把握するのに適した測定法とは  > 2ページ目
印刷

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

自分の“筋力の全貌”を把握するのに適した測定法とは

第37回 等速性筋力と等張力性短縮速度の測定

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

進化する等速性筋力計

 しかし、最近になってプレスやプルといった複合関節動作での等速性筋力を測定できる等速性筋力計が開発されてきました。恐らく、10年ほど前に発売された「エリエール」というマシンが世界で最初でしょう。日本においては、私が開発に関わってきた「メディモ」という測定装置が2012年から発売されています。エリエールはモーターの回転に対して長いレバーを介して力を発揮する仕組みで、基本的な構造はバイオデックスなどの単関節動作を測定する装置と同じです。一方、メディモはモーターの回転運動を直線運動に変換するという新しい仕組みを利用しています。いずれも直線的に動くものに対して、腕で押したり、引いたり、足で押し込んだりする動作での測定ができるように作られています。

 エリエールやメディモはやはり高価で、現在のところ限られた場所にしかありません。ただ、世の中のニーズを考えると、将来的にはこれらが身近にやってくる可能性もあると予想されます。そうなると筋肉が出せるスピードやパワーが簡単にわかるようになり、1RM筋力の測定ではわからなかった部分のほとんどが明瞭に見えてきます。現在の筋力測定のあり方は、ずいぶん変わってくると思います。

等張力性短縮速度の測定は、1RMの測定と似ているが…

 等張力性短縮速度の測定は、負荷を変えながら持ち上げていくという点では1RM筋力の測定と同じです。1RM筋力は1回だけ持ち上げられる重さなので、それ以上重くなったら上がりません。一方、等張力性短縮速度の場合は、それぞれの負荷強度で最大努力をしている(筋肉をフルに使って負荷を持ち上げている)最中に、筋肉が達成できる速度と力の両方を測っていきます。

 すると、負荷が軽いときは速く上がりますが、重くなるにつれて、だんだん遅くなっていき、やがて止まってしまって速度はゼロになる。そのポイントが等尺性最大筋力です。それより少しだけ負荷が軽く、なんとか1回動作ができる。それは1RM筋力に相当します。それらをフルに測定できるのが等張力性条件での測定の特徴です。筋肉の発揮する力と、その力を出しているときの速度との関係(力―速度関係)を、すべてのレンジで調べることができるのです。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.