日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > 簡単なようで難しい? 握力や背筋力を正しく測定する方法とは
印刷

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

簡単なようで難しい? 握力や背筋力を正しく測定する方法とは

第36回 “筋肉そのものの性質”を知るのに適した等尺性随意最大筋力の測定

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

“筋肉博士”石井直方先生(東京大学教授)が、筋肉のメカニズムや機能を毎回わかりやすく解説していきます。今回は、握力や背筋力など“静的な筋力”を測定する方法を取り上げます。一見簡単そうに見えますが、測定の仕方には十分に気を付ける必要があります。例えば、握力を測るときのグリップ幅の調整だけで、測定値が10%前後も変わることがあります。

握力計・背筋力計による測定は簡単なようで難しい

握力や背筋力などは誰もが一度は測定したことがあるでしょう。簡単そうに見えますが、測定には注意すべきポイントがあります。(©Rakchat Suktum-123rf)
握力や背筋力などは誰もが一度は測定したことがあるでしょう。簡単そうに見えますが、測定には注意すべきポイントがあります。(©Rakchat Suktum-123rf)

 前回で解説した1RM筋力は、あくまで負荷を上げる動作が成立するかどうかを基準としているため、動作を担う筋肉すべてが、その負荷をクリアするだけの力をもっている必要があります。一部でも力が不足している部分があったり、うまく使えない筋肉があったりすると、その負荷は持ち上がらないということになる。逆にいえば、弱い部分の筋肉をトレーニングしただけで1RMが伸びる可能性もあるわけです。

 その点、今回の等尺性随意最大筋力は、静的な筋力(止まっているときの筋力)なので、動作そのものが及ぼす効果を除外して測定することができます。真の筋肉の性質の違い、筋肉の機能の構造を、動作と無関係で測れるというのは利点だといえるでしょう。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣NEW

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.