日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > 筋トレの間隔を短くしたほうが筋肉は太くなる?
印刷

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

筋トレの間隔を短くしたほうが筋肉は太くなる?

第59回 トレーニングの容量を高める(3)

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

“筋肉博士”石井直方先生(東京大学教授)が、筋肉のメカニズムや機能を毎回わかりやすく解説していきます。前回は、成長ホルモンの分泌と筋肥大との間に直接的な因果関係はないという話を紹介しました。その一方で、成長ホルモンの分泌は、筋トレの効果を予測する手段として活用できます。実際、筋トレで各セット間の間隔を短くしたところ、成長ホルモンの分泌が起こり、筋肥大効果も確認されています。

セット間のインターバルを短くしたほうが筋肥大効果は大きい

 前回まで、成長ホルモンの分泌と筋肥大との間には直接的な因果関係はない、というお話をしてきました。ただし、筋肥大が起こる刺激と、成長ホルモンが強く分泌される刺激とは共通性をもつ可能性が高いため、成長ホルモンの増加が質の高いトレーニングの目安になるということもお伝えしました。

トレーニング後の成長ホルモンの分泌を見ることで、長期的な筋肥大の効果を推測できる。(c)dolgachov -123rf

 かつて、成長ホルモンが筋肥大に直接的に関与していると考えられていた時代には、その分泌を手がかりにしてさまざまなトレーニング処方が試みられ、発表されました。

 アメリカの研究グループが1990年代前半に行った実験では、80%1RM程度の強度を使ってトレーニングをした場合、セット間のインターバルが3分あると成長ホルモンの分泌がほとんど起こらないことがわかりました。ところが、インターバルを1分に短縮すると、俄然強い成長ホルモンの分泌が起こったということです。

 そのトレーニングを長期間続けたところ、インターバル1分のほうが筋肥大効果は大きいという結果が出ました。この実験によって、筋肉を効率的に肥大させるにはセット間のインターバルをなるべく短くしたほうがいい、という説が出てきたわけです。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.