日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > 筋収縮を関節の回転運動に変えるメカニズム
印刷

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

筋収縮を関節の回転運動に変えるメカニズム

第11回 日常生活や運動でベストに近い動きができるわけ

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

“筋肉博士”石井直方先生(東京大学教授)が、筋肉のメカニズムや機能を毎回わかりやすく解説していきます。今回は、筋収縮を関節の回転運動に変えるメカニズムについて取り上げます。筋収縮が直線運動であるのに対して、関節は回転運動を担う器官。これらがどのように連携して最大のパフォーマンスを生み出しているのかを考えてみます。

上腕二頭筋が発揮した筋力を 肘関節の回転力に変換

 前回(参照記事:「最大筋力を発揮するために一番適した長さとは」)では筋線維の長さによって最大筋力が変わることを解説しました。では、それはそのままマクロな運動、あるいは筋肉そのものの特性にもなるでしょうか? 答えは否。必ずしもそうではありません。そこが筋肉の収縮の面白いところです。

 これまでは筋線維が関節を回す力を中心に話をしてきましたが、実際の運動を見てみると、筋肉はモーターのように関節をぐるぐる回すように動くわけではなく、関節をまたいで走っています。そして、筋収縮は直線運動ですが、関節は回転運動。したがって、筋肉の発揮する直線的な力活動を、関節周りの回転力に変換するメカニズムがあります。

関節の角度が大きくなればなるほど(肘が開けば開くほど)、条本二頭筋は大きな力を出している。(©ostill-123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 肘関節を完全に伸展しているとき(解剖学的にいう0度)は、関節が伸びているのとほぼ同じ方向に上腕二頭筋が走っているので、どんなに力を出しても肘は曲がりにくいということになります。関節を圧縮する力は大きくても、回転力は小さいはずです。

 しかし実際には、上腕二頭筋は肘の回転中心よりもやや上についているので、肘が完全に伸びていても少しは回転方向への力が生まれます。わずかでも関節が曲がれば、筋肉が出した力の成分は回転力に反映されてくるので、どんどん肘が曲がってくるわけです。

 力発揮ということでいえば、肘関節の角度が90 度になったときが一番効率がよくなります。これは前腕の垂直方向に力が発揮されていて、最も力のロスが少ない状態です。上腕二頭筋が一定の筋力を持続的に発揮すると仮定した場合、0度の状態からどんどん力が伸びていって、90 度でピークになり、180 度でまたゼロになる。理論的には左右対称のサイン波(正弦波)になります。

 このように、筋肉が出す力のベクトルに対して前腕がどこを向いているか、それが実際の運動においては重要なファクターとして効いてきます。つまり、前回で説明した筋線維の長さに加えて、直線方向の筋収縮を関節の回転運動に変えるメカニズムという2つの要素によって、肘を曲げる力は変わってくるのです。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.