日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > 筋力と姿勢の関係  > 3ページ目
印刷

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

筋力と姿勢の関係

第9回 筋肉のポテンシャルを最大限に発揮する理想的な関節角度

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

筋力発揮と関節角度

 肘を屈曲させるという単純な単関節動作で調べてみても、関節角度によって筋力は大きく変わります(図2)。個人差もありますが、110度あたり(完全伸展を180度とする)で肘を屈曲させる力はピークに達し、それより肘を伸ばしても曲げても力が小さくなってくる。筋肉にはこのような性質があるということを理解することが重要です。

[画像のクリックで拡大表示]

 スポーツでは全身の筋肉を使った筋力発揮が求められます。当然ながら、さまざまな関節を動かすことになります。それぞれの関節には最大の力を発揮するための理想的な角度があり、それぞれの関節回転力の合算として大きな力が出るわけです(もちろんパフォーマンス全体を考えると、単純な合算というわけではないでしょうが)。

筋力発揮能力は関節角度に依存する

 各関節を適切なポジションでフルに機能させる―これを全身で考えると、姿勢が非常に重要になります。力を発揮するための姿勢が適切であれば、それぞれの筋肉がポテンシャルを最大限に発揮できるのです。

 これはスポーツの現場に限らず、日常動作でも同様です。例えば、物を押すといった行為をとってみても、足の開き方、膝の曲げ方、腰の角度、肩や腕の使い方……いくつもの要素が一体となって最終的に発揮される力が決定しています。唯一の解答があるとは断言できませんが、限りなくベストに近い形はあるでしょう。その形に近づくほど、その人は力の出し方がうまいということになります。

 物を押すときの一般的な姿勢は、さまざまな経験や試行錯誤に基づいたものなので、おそらく大きく間違っていることはないでしょう。そして、人類の長い歴史のなかでその姿勢が導き出された背景には、「静的な筋力発揮能力が関節角度に依存する」という基本的なメカニズムがあるのです。

(構成:本島燈家)

石井直方(いしい なおかた)さん
東京大学教授
石井直方さん 1955年、東京都出身。東京大学理学部卒業。同大学大学院博士課程修了。東京大学教授(運動生理学、トレーニング科学)。理学博士。力学的環境に対する骨格筋の適応のメカニズム、及びその応用としてのレジスタンストレーニングの方法論、健康や老化防止などについて研究している。日本随一の筋肉博士としてテレビ番組や雑誌でも活躍。著書は『筋肉まるわかり大事典』『トレーニング・メソッド』(ともに小社刊)、『一生太らない体のつくり方』(エクスナレッジ)など多数。
この記事は、ベースボール・マガジン社「コーチング・クリニック」からの転載です。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.