日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > 運動にブレーキをかけるときの筋肉の仕組みとは? 
印刷

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

運動にブレーキをかけるときの筋肉の仕組みとは? 

第8回 「短縮性収縮」と「伸張性収縮」が正反対の運動を生む

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

“筋肉博士”石井直方先生(東京大学教授)が、筋肉のメカニズムや機能を毎回わかりやすく解説していきます。今回は、重たい物を「上げる」「下す」といった正反対の運動を生み出すときの筋肉の仕組みについてご紹介します。実は同じ筋肉を使った運動なのに、働いている筋線維の数が違っているのです。

運動にブレーキをかける機能

 「筋肉が筋肉自体の中心方向に向かって能動的に力を発揮すること」。これが筋収縮の定義であることは、連載第5回(『筋肉は1方向にしか縮まない!?  「筋収縮」の仕組み』)で説明しました。それによって物に力を加え、加速度、運動エネルギーを与えることが筋肉の最も基本的な働きです。

跳び上がるときと着地するときとでは、同じように力を発揮しているように見えても、実は筋肉の働き方は違う。(©William Perugini-123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 一度縮んだ筋肉は、自分の力で元通りに伸びることはできません。したがって、パートナーである拮抗筋や重力の力を借りて伸びるしかない。このことも第5回で述べましたね。

 これだけなら仕組みは簡単なのですが、負荷を加速したりエネルギーを与えたりすることだけが、筋肉の働きではありません。もう1つの重要な役割として、「運動にブレーキをかける」というものがあります。

正反対の運動で起こる筋収縮の違い

 例えば、ジャンプをイメージしてください。跳び上がるときは主に大腿四頭筋を使っています。しかし、実際の運動は跳び上がって終わりではありません。空中に浮いているところを誰かがすくい上げてくれるわけではなく、重力によって落下して地面に下りるという段階があります。

 着地した瞬間というのは、体重の5~10倍といった非常に大きな衝撃力が働きます。「衝突」といえるほどの衝撃です。この力をまともに受け止めると身体が壊れてしまう危険性があるので、ブレーキをかけながら軟着陸しなければいけません。このときに働いているのも筋肉なのです。

 着地する際の動きは、跳び上がるときの映像を巻き戻ししたかのように、全く逆になるのが理想的です。正反対の動きで太ももの筋肉を使って元の体勢に戻れば、それが一番自然で、身体に負担のかからない動きということになります。

 跳び上がるときと着地するときとでは、同じように力を発揮しているように見えても、実は筋肉の働き方は違います。跳び上がるときは、力を出しながら筋肉が短くなっている。これを短縮性収縮(コンセントリック収縮)といいます。一方、着地時は、力を発揮しながら外力によって筋肉が引き伸ばされている。これを伸張性収縮(エキセントリック収縮)といいます。伸張性収縮は、主に筋肉をブレーキとして働かせる状況と覚えておけばいいでしょう。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.