日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > ヒトの筋肉のエネルギー効率は原動機レベル  > 2ページ
印刷

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

ヒトの筋肉のエネルギー効率は原動機レベル

第31回 筋肉のエネルギー消費量の6~7割は熱になってしまう

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

熱を作り出す褐色脂肪

 ここで見方を変えてみると、筋肉を働かせるということは、力を出したり運動をしたりするだけが目的ではないといえます。熱を出すということも筋肉の重要な役割なのです。特に哺乳類が生きるためには熱を出し続ける必要があるため、もともとそういう働きが筋肉に備わっているのでしょう。

 その働きがどのような現象として起こっているかというと、例えば「震え」(シバリング)があります。寒いところに行くと身体が勝手にブルブルと震えるのは、筋肉の収縮に伴って生産される熱を利用して体温を維持しようとしているわけです。これを「震え熱産生」といいます。それに対して、「非震え熱産生」と呼ばれる現象もあります。体内には、震えるような運動をしなくても熱を作る仕組みがあります。

 非震え熱産生の熱源としては、まず「褐色脂肪組織」が重要な役割を担っています。これは熱を作ることが専門の脂肪組織で、脂肪をエネルギー源として燃やすことで熱を産生しています。ほとんどの細胞中には、エネルギーを生産するミトコンドリアという小器官が存在しています。褐色脂肪細胞には、このミトコンドリアが多く含まれています。ミトコンドリアは赤っぽい色をしているため、褐色脂肪も全体として褐色に見えます。一方、普通の脂肪細胞はミトコンドリアが少なく白っぽく見えるために、白色脂肪と呼ばれます。

 褐色脂肪は、クマやリスのような冬眠をする動物に多く見られます。これらの動物は秋の間に身体がめいっぱい脂肪を蓄え、その脂肪を少しずつ使いながら体温を維持して寒い冬を乗り越えます。そのときに活躍しているのが褐色脂肪だと考えられます。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.