日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > 筋パワーを高める、高負荷・長インターバルトレーニング
印刷

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

筋パワーを高める、高負荷・長インターバルトレーニング

第54回 メカニカルストレスを高める方法(1)

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

“筋肉博士”石井直方先生(東京大学教授)が、筋肉のメカニズムや機能を毎回わかりやすく解説していきます。前回は「メカニカルストレス」(力学的刺激)が、筋肉を太く強くする上で極めて重要だということを説明しました。では、メカニカルストレスを重視したトレーニング法には、どういったものがあるのでしょうか。代表的な方法として、高負荷・長インターバルトレーニング、バリスティックトレーニングなどの4つがあります。

メカニカルストレスを重視した4つのトレーニング方法

 前回は「メカニカルストレス」(力学的刺激)の重要性について説明しました。今回からは、筋肉を太く強くする上で決して避けて通れない、メカニカルストレスを与える方法を考えていきましょう。

高負荷・長インターバルトレーニングの目的は、高重量を挙げる筋力を高めること。高い筋力発揮を継続的に行うと神経系の抑制も低減され、筋力増強の効果が高くなる。(c)ANTONIO BALAGUER SOLER -123RF

 まずオーソドックスな筋力トレーニングの場合、80%1RM(1回挙げられる重さの80%)という負荷が標準的なメカニカルストレスです。その負荷を使って十分なトレーニング量(回数やセット数)をこなすことを前提とすると、「1秒で挙げ、1秒もしくは2秒で下ろす」というリズムで繰り返すことが標準的なトレーニングのやり方といえます。セット間のインターバルは長くしすぎず、1分程度に設定するのが適切でしょう。

 筋肥大のための刺激を与えることが目的であれば、この80%1RMを中心とした負荷でトレーニングをするのがベスト。ただし、メカニカルストレスを最重視したトレーニングを考えた場合には、もう1段階、刺激を高めるための工夫がいくつかあります。

 メカニカルストレスを高めるファクターとしては、「高い筋力発揮」と「十分な伸張性筋力の発揮」があり、そのための代表的な方法として、(1)高負荷・長インターバルトレーニング、(2)バリスティックトレーニング、(3)エキセントリックトレーニング、(4)フォーストレプストレーニングの4つが挙げられます。

高負荷トレーニングの目的は筋パワーを高めること

 (1)の高負荷・長インターバルトレーニングは、90~95%1RMの負荷強度を使ったトレーニングで、負荷が大きくなる分、回数は2~4回が限界になります。また、1セット終わった後、筋力が回復するまでにしばらく時間がかかるので、必然的にセット間のインターバルは3~5分と長くなります。

 1セットの挙上回数が少なく、インターバルが長いので、トレーニング全体で筋肉がこなす仕事は量的に少なくなります。仮に5分のインターバルをとったとすると、1時間のトレーニングを行っても8~10セットしかこなせません。トータルの挙上回数も最大で40回ほどになるので、トレーニングのボリュームは極めて小さくなります。

 ボリュームが小さいので、筋肉を太くする効果は高くありません(効果がないわけではありません)。このトレーニングの目的は筋肥大より、むしろ高重量を挙げる筋力を高めること。高い筋力発揮を継続的に行っていると神経系の抑制が低減されてくるので、筋力増強には非常に効果的です。

 そのためウェイトリフターやパワーリフターにとっては、この高負荷・長インターバルトレーニングが中心的な方法になるといえます。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.