日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > 世界で一番スピードの速い筋肉は?
印刷

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

世界で一番スピードの速い筋肉は?

第29回 ハエやカは、最大で1秒間に2000回も羽を動かしている

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

“筋肉博士”石井直方先生(東京大学教授)が、筋肉のメカニズムや機能を毎回わかりやすく解説していきます。今回は、筋肉のタイプによる性質の違いを見ていきます。世界で一番スピードの速い動作ができる筋肉は何だと思いますか? それはハエやカなどの空を飛ぶ昆虫の筋肉です。同じ速度で人間が脚を動かせると、時速500km以上になるそうです。

「長さ-張力関係」は筋肉のタイプによってどう変わるか?

 これまで説明してきた筋肉の基本的な性質は、ヒトの筋肉だけに限定されたものではありません。ネズミやカエルなど、あるいはもっと下等な動物、さらには内臓などを動かしている平滑筋も、ほぼ同じ性質をもっています。

 ただし、細かい点ではずいぶん違います。例えば、筋肉の長さによって張力が変化する「長さ-張力関係」では、平滑筋など構造がはっきりしていない筋肉のほうが広い範囲で力を出せる、ということがわかっています。構造がはっきりしていないというのは、筋収縮の単位であるサルコメア(筋節)が規則的に配列していないということ。サルコメアの太いフィラメントと細いフィラメントが規則的に並んでいるときれいな縞模様になりますが、平滑筋は比較的ファジーに配列されていて、縞模様になっていません。

 そういう構造のせいで、平滑筋は筋肉が伸ばされたときも、全体的にファジーに引き伸ばされます。強い力で引っ張れば大きく伸ばされるし、縮まるときもうんと縮まる。つまり、広い範囲で力を発揮できる特性があるのです。部位によっては、一番縮んだ長さと一番引っ張られた長さが10倍ほども違います。ですから、胃袋などは食べ物が入ると大きく膨らみ、空腹になれば元に戻ってくる。この仕組みは、筋肉の性質に基づいているわけです。

 一方、骨格筋や心筋などの横紋筋(サルコメアが規則正しく横紋をなしているため、こう呼ばれます)は、せいぜい2倍ほどの長さにしか伸びません。しかも2倍まで伸びるのは筋線維単位で見た場合で、筋肉全体はそこまで伸びません。平滑筋と比べると、本当に狭い長さの範囲でしか使われていないのです。

次ページ
力と速度の関係

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.