日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > 筋収縮の「形態」を変える4つの動き  > 3ページ
印刷

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

筋収縮の「形態」を変える4つの動き

第6回 トレーニングの現場で最も使われている方法は?

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

「等速性収縮」は一定の速度をかけて測定する

 3つ目は、等速性収縮。

 実は筋肉には、一定の負荷をかけるときに、その張力も一定に保たれていれば、筋が同じ速度で収縮するという特性があります。70年ほど前に報告されているこの性質を利用して、モーターなどを使って外側から筋肉が縮む速度を一定にすると、ある一定の速度下において筋肉が発揮できる力を測ることができます。逆の見方からすると、ある筋力を発揮するときに筋肉が出せる速度を測っているのと同じことになります。この方法は一定の速度でモーターを動かせばいいだけなので、等張力性収縮の測定よりずっと簡単です。

 ところが、これにもいろいろと制約があります。

 「速度を一定にして力を測る」ことと、「力を一定にして速度を測る」こととは厳密には1:1にはならず、たとえ速度を一定に制御しても筋肉が出す力は変化しています。ということで、等速性収縮はあくまでも簡便的なものであり、筋肉そのものの性質を詳細に調べるのにはあまり向いていません。とはいえ、理想の条件ではないまでも比較的簡単に筋肉の情報を得ることができるので、トレーニング科学の分野ではこの等速性筋力計が主に使われます(2ページ目の図参照)。

「増張力性収縮」は筋肉を短くさせながら負荷を高めて測定する

 4つ目は、増張力性収縮。これはバネやゴムのようなものを引っ張るときのように、時間の経過とともに筋肉が短くなる一方、筋肉にかかる負荷が次第に大きくなるという条件において測定します。バネやゴムは伸びに比例して弾性力を発揮するので、それらを伸ばせば伸ばすほど筋肉が発揮する力も増えていきます。こうした筋力測定はあまり使われない方法ですが、トレーニングとしてはよく行われていますね。チューブトレーニングや、昔流行したエキスパンダーなどが代表的なものです(2ページ目の図参照)。

 以上、4つの筋収縮の形態を説明してきましたが、トレーニング現場で最も多く使われているのは等張力性収縮です。プーリーを使って負荷を持ち上げることはもちろん、バーベルを使ったメニュー、自重負荷を使った腕立て伏せや懸垂なども、負荷は一定なので見かけ上は等張力性になります。こうしたトレーニングのことをアイソトニックトレーニング(等張力性トレーニング)と呼びます。

 ただし、プーリーなら問題ないのですが、フリーウェイトを使う場合は動作とともに負荷が変わってしまいます。ダンベルカールが最もわかりやすい例ですが、ダンベルが下にあるときはほとんど負荷がかかりません。持ち上げるに従ってテコの原理で負荷が大きくなり、前腕と床が平行になるポイントをピークとして、また軽くなっていきます。その繰り返しで負荷が常に変動しているので、厳密な意味でのアイソトニックトレーニングとはいえませんね。

(構成:本島燈家)

石井直方(いしい なおかた)さん
東京大学教授
石井直方さん 1955年、東京都出身。東京大学理学部卒業。同大学大学院博士課程修了。東京大学教授(運動生理学、トレーニング科学)。理学博士。力学的環境に対する骨格筋の適応のメカニズム、及びその応用としてのレジスタンストレーニングの方法論、健康や老化防止などについて研究している。日本随一の筋肉博士としてテレビ番組や雑誌でも活躍。著書は『筋肉まるわかり大事典』『トレーニング・メソッド』(ともに小社刊)、『一生太らない体のつくり方』(エクスナレッジ)など多数。
この記事は、ベースボール・マガジン社「コーチング・クリニック」からの転載です。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」NEW

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.