日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > 筋収縮の「形態」を変える4つの動き  > 2ページ目
印刷

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

筋収縮の「形態」を変える4つの動き

第6回 トレーニングの現場で最も使われている方法は?

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

「等張力性収縮」は滑車とケーブルを使い負荷を一定にして測定する

 2つ目は、等張力性収縮。

 これは等尺性収縮とは逆で、筋肉が出す力を一定にする方法です。一番簡単なやり方は、プーリー(滑車)を介したケーブルを使って負荷を引いていく。プーリーによって関節の角度にかかわらず筋肉にかかる負荷が一定になるので、ケーブルを一定の速さで引き上げれば、理論的には等張力性収縮が成立します(下図の上から2つ目)。

 しかし、これにも問題はあります。負荷が動きだしたあとは速度を一定にすることもできますが、速度ゼロの負荷を動かし始めるときは、慣性に逆らって負荷を加速しなければいけない。つまり、最初に発揮する力はどうしても大きくならざるを得ません。また、筋肉には長さに応じて筋力が変わるという特性があるため、筋肉の収縮が進むに従って最大筋力も時々刻々と変わってしまいます。この理由によっても、筋肉にかかる負荷は必ずしも一定ではなくなります。ということで、見かけは等張力なのですが、筋肉の立場からすると、常に同じ条件ではなくなってしまうわけです。

 本当に正確な数値を測るためには、負荷が一定になるようにモーターでコントロールしたり、筋力が途中で変わらないようにごく短い収縮範囲の間で性質を調べたりするなどの厳密な条件が必要になり、実験手法としては非常に難しいものになります。

イラスト/田中祐子
[画像のクリックで拡大表示]

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策NEW

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.