日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > コラム  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > 筋肉は1方向にしか縮まない!?  「筋収縮」の仕組み  > 2ページ目
印刷

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

筋肉は1方向にしか縮まない!?  「筋収縮」の仕組み

第5回 一流アスリートの太もも裏側が発達しているワケ

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

筋肉は1次元1方向にしか縮まない

 「筋肉自体の中心方向に向かって」といいましたが、実際には筋肉の力発揮の仕方には選択肢があまりありません。1次元1方向、つまり、直線的な力を(1次元)、なおかつ中心方向に向かって発揮することしかできないのです(1方向)。反対方向、つまり中心から外側に向かって力を出す筋肉もあるのではないかと誤解している人もいるかもしれませんが、力のベクトルはあくまでも中心方向へだけ。筋肉が自ら外に向かって伸びるということは絶対にありません。

図 人体に見る主な拮抗関係筋
図 人体に見る主な拮抗関係筋
注:A−A'~F−F'の表記は関係を示すために便宜上つけたもので、どちらが主で、どちらが従というものではありません。
[画像のクリックで拡大表示]

 1方向にしか縮めないということは、いったん縮み切ってしまったら力の発揮はおしまいということになります。しかし、それでは困ってしまうので、それぞれの筋肉は必ず自分を伸ばしてくれるパートナーをもっています。それが拮抗筋(きっこうきん)であり、例えば、上腕二頭筋に対する上腕三頭筋、大腿四頭筋に対するハムストリングスです。

 筋力トレーニングのような特殊な運動の場合は、重力やバーベルなどの負荷が筋肉を伸ばす役割をしているので、拮抗筋はほとんど働いていません。ですが、日常生活やスポーツなどの場合は、拮抗筋がしっかり働かないと筋肉が縮みっ放しになってしまいます。この拮抗筋同士の力のアンバランスが生じると、やがて運動が下手になってしまう可能性が高くなります。それが長く続くと、慢性的な障害につながる危険性も出てきます。

 さらに、運動によっては拮抗筋同士が共収縮することでより強い動作を生んだり、関節に強いストレスがかかるのを防いだりもしていますので、拮抗筋同士はバランスよくトレーニングしなければいけません。


RELATED ARTICLES関連する記事

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.