日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > どんなトレーニングをしても、筋肉は「持久力がある」方向にシフトする
印刷

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

どんなトレーニングをしても、筋肉は「持久力がある」方向にシフトする

第27回 トレーニングによって筋肉のタイプはどう変わるか?

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

“筋肉博士”石井直方先生(東京大学教授)が、筋肉のメカニズムや機能を毎回わかりやすく解説していきます。前回は、トレーニングによって筋肉のタイプが変わる可能性があることを紹介しました。では、トレーニングの仕方によって、筋肉のタイプは具体的にどう変わるのでしょうか。また、筋肉のタイプが変化するのに、どのくらいの時間がかかるのでしょうか。

どんなトレーニングでも筋線維は持久性の高いほうへシフト

パワー系のアスリートはタイプIIxの筋線維がゼロに近い。ほとんどがタイプIIaに移行している(©ANTONIO BALAGUER SOLER-123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 速筋線維のIIxは、持久的なトレーニングをすることで、より遅筋線維に近いIIaにシフトしていきます。ヒトの場合は、そこからタイプIにシフトするという報告はありませんが、動物ではタイプIまでシフトしてしまう、ということを前回お話ししました。

 では、持久的なトレーニングではなく、筋力や瞬発的な能力を高めるトレーニングを行った場合はどうなるでしょうか。例えば、ウェイト・トレーニング。筋肉を太くするために大きな力を単発的に出すということを繰り返した場合、上記とは逆に、遅筋線維が速筋線維のほうへシフトすることはあるのでしょうか

 結論からいうと、それは起こりません

 動物にレジスタンストレーニング(筋トレ)をさせることは難しいので、ヒトの筋肉を採取(バイオプシー)して調べられた研究が、いくつかあります。そして、そのほとんどがタイプIIxからIIaに移行するという結果を示しています。つまり、持久的なトレーニングをしたときと同じ変化が起こるのです。

 アメリカのある研究報告によると、投てきなどのパワー系の競技選手、それもオリンピックレベルのトップアスリートの筋肉を調べたところ、IIxに分類される筋肉がほとんどなく、ほぼすべてがIIaになってしまっていたそうです。一般人の場合、IIxとIIaとの比率は1:1~1:2といわれていますが、トップアスリートはIIxがゼロに近いのです。そのくらい、持久的能力をもったIIaに変わってしまっているのです。

 ということで、筋線維は基本的にどんなトレーニングをしても、よりスタミナのあるほうへシフトしていく、と考えていいでしょう。

 その理由として考えられるのは、トレーニングの量です。パワー型のアスリートも、スプリンターも、勝つためには長時間のトレーニングをこなさなければなりません。たくさん走り、たくさん跳び、たくさん投げないといい選手にはなれないからです。

 1回1回の動作は瞬発系ですが、何度も繰り返すということは、結果的に持久的能力も必要になります。また、ある程度のスタミナをつけておかないと、試合で勝ち抜くこともできません。ですから、筋肉の持久性は自然に高まるのだと考えられます。

 ボディビルダーのように筋肉を鍛えて太くする場合も、普段のトレーニングでは筋肉をいかに疲労困憊まで追い込むか、ということが重要なファクターになります。すると当然、筋肉は太くなりながらスタミナも併せもつタイプへと、変わっていくわけです。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策NEW

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.