日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > コラム  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > スピード指向型の「平行筋」と力指向型の「羽状筋」
印刷

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

スピード指向型の「平行筋」と力指向型の「羽状筋」

第3回 ふくらはぎの筋肉は「カニの爪」と同じタイプ!

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

“筋肉博士”石井直方先生(東京大学教授)が、筋肉のメカニズムや機能を毎回わかりやすく解説していきます。今回は筋肉の質を大きく2つに分ける「平行筋」と「羽状筋」について。筋線維の並び方によって、スピード指向型の筋肉(平行筋)と力指向型の筋肉(羽状筋)とがはっきりと分かれています。

役割によって、筋肉の設計が違う

 これまでお話ししてきたように、筋肉の第1の役割は運動の「エンジン」であること(関連記事:「運動のパフォーマンスを左右する4要素」)ですが、そのエンジンにもいろいろなタイプがあります。車で考えてみても、レーシングカーとブルドーザーとではまったく違いますよね。速く回転できる仕組みが必要なのか、大きなトルクが必要なのか、その目的によって、基本的な設計から変わってきます。筋肉も同様で、速く動くことが求められる筋肉があれば、速く動かなくてもいいから強い力がじわりじわりと出たほうがいい筋肉もあり、それぞれ設計が違うのです。

 筋線維1本1本にも収縮速度の速いタイプ、収縮速度は遅いけれども持久性が高いタイプがありますが、それについては回を改めてお話しするとして、ここではそうしたミクロな性質ではなく、もう少しマクロな視点で筋肉がどうできているかということを説明します。一口にいうと、それは筋線維の並び方。それにより、スピード指向型の筋肉と力指向型の筋肉とがはっきりと分かれるのです。

筋肉は「スピード」と「パワー」を生むそれぞれのタイプに分かれる。(©fotomircea-123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 筋線維が平行に走っていて中央部分が太くなっている、よくマンガなどでも見かけるような形の筋肉。これを「平行筋」と呼びます。かつては紡錘状筋(ぼうすいじょうきん)といっていましたが(今もそう呼ぶことがあります)、最近は欧米の用語を直訳して平行筋と呼ぶケースが増えています。この筋は文字通り、筋線維の1本1本が筋肉の長軸に向かってほぼ平行に走っています。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.