日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > 筋トレ効果を増強する成分とは、ドーピングの懸念も  > 2ページ目
印刷

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

筋トレ効果を増強する成分とは、ドーピングの懸念も

第49回 筋肉を成長させるメカニズム(4)

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

アナボリックステロイドに関する新たな研究データ

マッスルメモリー(筋肉の記憶力)の存在を裏づける研究が発表された。ヒトがアナボリックステロイドを使用すると、筋肥大しやすい状態が10年ほども続くと推定されている。(©Shao-Chun Wang -123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 また、ホルモンに関しては、ここ10年ほどで研究者の考え方が変わりつつあり、以前ほどは重視されていないように思われます。

 アナボリックステロイドなどの男性ホルモンについても、かつてはトレーニングをすることで男性ホルモンの受容体が増え、そこにアナボリックステロイドが打ち込まれれば筋肉が太くなると考えられていました。しかし、今は男性ホルモンによって「転写」(第47回参照)を活性化させた上で、トレーニングをしっかりすることで「翻訳」(第47回参照)をフル稼働させるという2段階ではないか、という見方が強くなっています。

 アナボリックステロイドにまつわる研究では、最近、生理学の学術誌『ジャーナル・オブ・フィジオロジー』に公開されたばかりの興味深いデータがあります。

 それは、アナボリックステロイドを多量に使うと、筋線維の中の核の数が増え、しかも、その状態はステロイドをやめて筋肉が委縮した後もしばらく続くというものです。

 ネズミの実験で確かめられたこの結果は、「筋肉に記憶力がある」(マッスルメモリー)という説を裏づけるものといえます。つまり、ステロイドをやめた後も、筋肉はトレーニングの刺激に反応しやすい状態になっていて、再びトレーニングを開始したときには以前よりも肥大しやすくなっているのです。

 核が増えた状態は、ネズミとヒトの寿命から換算すると、ヒトでは10年ほども続く可能性があるとされています。10年前にステロイドをやめ、ドーピング検査では"シロ"と判断された選手でも、実際には10年前のステロイドの恩恵を受けているかもしれないわけです。ということで、一度ステロイドを使った選手は10年間出場停止にしないと不公平である、そうしないとドーピングは根絶されないのではないか、という意見も出てきています。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.