日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > マラソン向きの筋肉は、生まれつきか?

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

マラソン向きの筋肉は、生まれつきか?

第26回 トレーニングで筋肉のタイプが変わる可能性もある

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

“筋肉博士”石井直方先生(東京大学教授)が、筋肉のメカニズムや機能を毎回わかりやすく解説していきます。連載ではこれまで、遅筋線維(タイプI)や速筋線維(タイプII)など、筋肉の種類の違いについて見てきました。マラソンなど持久能力が必要な人は遅筋線維が多く、短距離選手などは速筋線維が多くなる傾向があります。それは生まれつきなのでしょうか。それとも、トレーニングによって、筋肉のタイプが変わる可能性はあるのでしょうか。

I型とII型との間には越えられない溝がある!?

 筋線維のタイプを決定づける主要因は、ミオシンという筋収縮に直接関わるタンパク質であるということを、第24回で述べました。

 タイプI(遅筋線維)はI型のミオシンで、タイプII(速筋線維)はII型のミオシンでできています。ほとんど同じタンパク質なのですが、設計図になっている遺伝子が違います。

マラソンなどの競技選手は遅筋線維が多く、短距離選手などは速筋線維が多いという報告があります。それは生まれつきなのでしょうか(©Rui Santos-123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 筋肉の収縮力は、ミオシンが機能することで起こります(正確にはミオシンとアクチンというタンパク質の相互作用で起こります。アクチンについては別の回で説明します)。I型のミオシンは力を出すための反応速度が遅く、II型のミオシンはI型の2~3倍ほど反応速度が速いのが特徴です。同じ時間内にI型のミオシンが1回力を出せるとしたら、II型は2~3回力を発揮できる。また、II型のなかでもIIa型のミオシンよりもIIx型のミオシンのほうが少し速い。このタンパク質の反応速度の違いが、筋肉の収縮速度の違いに反映されているわけです。

 実際にはタイプIIaと大きくくくっていても、そのなかには少しだけIIxが含まれていたりするので、混じり気なしの完璧な筋線維タイプはおそらくありません。そして、第24回でも述べたように、トレーニングなどによる筋線維の使われ方によって、筋線維タイプの移行も起こっています

1/3 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート
人生100年時代プロジェクト

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.