日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > スピードが速くて持久力もある筋肉は?
印刷

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

スピードが速くて持久力もある筋肉は?

第24回 筋肉のタイプを3つの方法で分類する

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

“筋肉博士”石井直方先生(東京大学教授)が、筋肉のメカニズムや機能を毎回わかりやすく解説していきます。今回は、筋肉のタイプを分類していきます。筋肉の分類法には、(1)「代謝的な特性」により分ける、(2)「組織染色法」により分ける、(3)筋収縮をつかさどる「タンパク質」により分ける、という3つの方法があります。

代謝性の特性による分類

 筋線維には大きく分けて速筋線維(FT=fast twich)と遅筋線維(ST=slow twich)とがあります。筋肉に単発の電気刺激を与えたときに、素早く収縮するのがFT、じわっとゆっくり収縮するのがSTです。

 ただ、研究の分野では、昔からもう少し細かい分類がされてきました。

筋肉のタイプを分類する方法は3つある(©PaylessImages -123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 最初に行われたのは、筋肉の代謝的な特性によって分ける方法です。筋線維の中にある解糖系のための酵素の量が多いか少ないか(解糖系の活性が高いか低いか)、さらに有酸素系の活性が高いか低いかを調べてみたところ、主に酸素を用いないエネルギー代謝(解糖系)を行うタイプと、酸素を用いるエネルギー代謝(酸化系)を行うタイプとに、きれいに分かれることが判明しました。前者はFG(fast glycolytic)、後者はSO(slow oxidative)と名付けられました。代謝的な特性は力学的な特性にほぼ対応しているので、FT≒FG、ST≒SOということになります。

 ところが、どちらにも属さない中間的なタイプも現れました。これはFGとSOの間ということでFOG(fast oxidative-glycolytic)と呼ばれます。このように、代謝系の活性という視点では、筋線維は3種類に分けられることになったわけです。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.