日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > 「火事場の馬鹿力」は自らの意志で出せるのか?
印刷

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

「火事場の馬鹿力」は自らの意志で出せるのか?

第21回 脳が筋肉の活動にブレーキをかけていた

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

“筋肉博士”石井直方先生(東京大学教授)が、筋肉のメカニズムや機能を毎回わかりやすく解説していきます。今回は、筋肉が持つ力を自分の意志でどこまでコントロールできるかについて解説します。「火事場の馬鹿力」と言われるように、人は非日常的な出来事に直面した場合などに、普段は出せないような力が出ます。この火事場の馬鹿力は自らの意志で出すことはできないのでしょうか。

自分の意思では 本当の最大筋力は出せない

 前回は筋肉の中で運動単位がどのように働くのかを説明しました。今回のテーマは、最大の筋力を発揮している場合、すべての運動単位が使われるのかどうかという問題です。

 正確ないい方をすると、筋肉が「随意最大収縮」(自分の意思で発揮できる最大筋力)をしているとき、すべての運動単位が使われているのかどうか、です。

最大の力を出しているつもりでも、筋肉のすべての運動単位が使われているわけではない。意識は最大筋力を出しているつもりでも、脳が少しブレーキをかけているのだ(©bluefox -123rf)

 答えは、使われていない。最大の力を出しているつもりでも、実際には遊んでいる運動単位があるのです。つまり、自分の意思では運動単位のすべてを使うことができないということになります。これはいわゆる「火事場の馬鹿力」にもつながる問題。ご存じのように、最大筋力を発揮しても筋肉はフルに活動できない、ということは昔からいわれてきました。

 それを証明しようとする研究は、1950年代頃からいくつかありました。例えば、筋肉に最大の力を出させておいて、筋肉につながっている神経に電気刺激を与えると、随意で出せるよりも大きな筋力が出るという報告があります。別の実験では、随意最大筋力を計測したあとに被験者に催眠術をかけ、もう一度最大筋力を測ると最初よりも大きな力が出た。こうした実験によって、運動単位を自分自身で完全にコントロールすることは不可能である、ということがわかったのです。

 催眠術の効果があるということは、脳が関連しているということ。つまり、自分では最大限の力を出して頑張っているつもりでも、大もとの中枢のほうでブレーキがかかっているということになります。催眠術の実験結果を受けて、中枢神経に効く興奮剤を被験者に飲ませる実験も行われています。それもやはり同じような結果となりました。

 意識は最大筋力を出しているつもりでも、脳のほうで少しブレーキをかけてしまう。これを「中枢による抑制」といいます。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.